Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャサリン妃の妹ピッパ・ミドルトンが偽名を使って「驚きの行動」に出る!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

キャサリン妃の妹ということでスポットライトを浴びることの多いピッパ・ミドルトン。だから、一児の母となった彼女がタクシーを呼ぶ際に偽名を使ったとしても納得できる。『Daily Mail』紙によると、あるタクシードライバーは“ミドルトン”という苗字の女性から予約を受けた際、疑問に思ったという。「ルーシー・ミドルトンという女性が乗る車だったんだけど、僕がもう着いたかどうか何度も電話がかかってきたんだ。彼女は暗い玄関先にずっと隠れていたんだよ」とのこと。 【写真】ファンが捉えた、見たことのないロイヤルファミリーの瞬間 そのドライバーは「後でググったら、ルーシー・ミドルトン(ピッパとキャサリン妃のいとこ)という女性がピッパと写っている写真があったので、僕の車に乗ったのは実はピッパだったと気づいたんだ」と、続けた。ピッパが本当に偽名を使ってタクシーを呼んだのかどうかは不明だが、キャサリン妃の妹が正体を隠してタクシーに乗ったと想像すると愉快だ。

2019年遅くに、ピッパは息子を頭蓋骨形成に連れて行ったことを明かした。彼女は『Waitrose Weekend』誌に、「昨年、アーサーが生まれてすぐ、ほかのママたち数人が頭蓋骨形成に行っていると言っているのを聞きました。新生児、特にトラウマ的な出産を経験したり、不安定だったり、寝つきが悪かったりする赤ちゃん用の代替療法のひとつとして人気があるセラピーです。頭とボディを優しくマッサージして、睡眠や消化、体の構造を癒し、リラックスさせ、促進すると言われています。科学的根拠はありませんが、肯定的なことを聞いたので(そして、何より好奇心があって)、アーサーが7ヶ月の時に連れて行ったのです」と、書いていた。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR.com

【関連記事】