Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

演じ続けた「害のない良い子」漫画家を悩ませた〝女の子らしさ〟の罠 処世術が招いた「大きな代償」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

気立てが優しく、控えめな性格――。世間的に肯定されやすい女性像を押しつけられ、人間関係をうまく築けなくなったという、漫画家・ゆめのさん。いま、思うことについて描いてもらいました。=ゆめのさん提供

大人から言われた「女の子はおしとやかに」

気付けば「社会恐怖」がふくらんでいた

【関連記事】