Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サッカー ネット配信へ資金募集 高校総体の代替大会1、2回戦

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 富山県高体連サッカー専門部は、県高校総体の代替大会として23日から行われる「TOYAMA2020高校スポーツ交流大会サッカー競技」をインターネット上でライブ配信する。運営資金をクラウドファンディング「CFとやま」で募っている。  新型コロナウイルスの感染拡大防止のため保護者や生徒が観戦できず、会場入りできる選手の人数も限られることから、会場の外で応援できる機会をつくろうと企画した。  1、2回戦の計23試合が配信される。大会には39校が出場予定で、各校の試合が少なくとも一度は配信されるようにするという。クラウドファンディングの目標金額は400万円で、8月10日まで募集する。目標金額に届かなくても集まった資金は事業費に充てる。  少年サッカーに関する情報の発信やイベントの企画・運営を行っている会社、グリーンカード(福岡市)が事業主体となり、試合の撮影や配信を行う。同社は既に佐賀県や徳島県での代替大会のライブ配信を実施している。

 同専門部の澁谷龍宏委員長は「ライブ配信は初の試み。感染防止対策を取りながら、事業の成功に向けて、様々な方面からのご支援をお願いしたい」とコメントしている。

【関連記事】