Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地震相次ぐ...約1ヵ月で『111回観測』 長野・岐阜県境付近 未明からけさにかけて11回発生

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBS長野放送

19日未明からけさにかけて、長野と岐阜の県境を震源とする地震が11回発生しました。 きょう午前2時1分ごろ、岐阜県飛騨地方を震源とする地震が発生しました。震源の深さはごく浅く、地震の規模を表すマグニチュードは4.8と推定されます。この地震で、松本市安曇で震度3を観測しました。 その後も長野と岐阜の県境付近では、震度2から1の地震が10回発生しました。長野危機管理防災課によりますと、県内での被害の情報ははいっていないということです。 両県境付近では、先月22日から地震が相次いでおり、けさまでに震度1以上を観測した地震は111回となりました。19日午前9時現在、焼岳の火山活動には特段の変化は見られないということですが、気象台は地震活動が活発した状況が続いているとして、注意を呼びかけています。

【関連記事】