Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島・菊池涼、元虎・和田の無失策セ記録に並ぶ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、巨人-広島、21回戦、15日、東京ドーム)広島・菊池涼介内野手(30)が、元阪神・和田豊氏が1993年に記録した二塁手としての同一シーズン432連続守備機会無失策のセ・リーグ記録に並んだ。  一回1死で松原の打球を捕球し、一塁へ送球してアウトを奪った。二回には元同僚の丸、五回には田中俊、七回二死では再び丸のゴロを堅実にさばぎ、自身の連続守備機会無失策を432に伸ばした。  菊池涼は武蔵工大二高-中京学院大を経て、2012年にドラフト2位で広島に入団した。プロ2年目の13年に二塁の定位置を獲得し、この年から7年連続でゴールデングラブ賞を受賞。今季失策0で、二塁手としては史上初となる守備率10割を目指す。

【関連記事】