Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【一部詳細が明らかに】マセラティMC20、V6ハイブリッドか クアトロポルテ/レヴァンテ後継も予想

配信

AUTOCAR JAPAN

ターボチャージャー付きV6エンジン搭載か

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン) マセラティによってリリースされた初期のティーザー画像からは、パワートレインのテスト車両が、兄弟ブランドであるアルファ・ロメオの4Cと、多くの共通点があることを示している。 【写真】マセラティ・レバンテ、ポルシェ・カイエン、アウディQ7、BMW X5【ライバル比較】 (36枚) プラットフォームには、新しいカーボンファイバーの採用されると言われており、イタリアのシャシースペシャリスト、ダラーラと共同で開発された重さわずか65kgの4Cの基盤と、コンセプトがよく似ている。 現在はもう生産されていない、4Cの生産ラインを改造して使用する可能性もあるだろう。 ただし、4Cとの類似点はそれだけだ。 量産モデルに近いとされている、最新のプロトタイプショットで明らになったように、MC20は、4Cよりも大幅に長く、少し広くなるが、ホイールベースが拡張され、はるかに扱いやすくなる。 サスペンションも完全に作り変えられ、不満の多かったアルファ・ロメオ・モデルより、ダイナミックな丸みを帯びたクルマとなるだろう。 最近のビデオから、深い6気筒の音がはっきりと聞こえることから、MC20には、縦置きのターボチャージャー付きV6エンジンの搭載が予想されている。

電動モデルの可能性

マセラティはまた、電動モデルの可能性を示唆している。 MC20のエンジンの詳細は、現時点では明らかになっていないが、アルファ・ロメオが8CスーパーカーとGTVクーペで609ps以上を出力する、V6ハイブリッドの開発を行っていることが知られている。 アルファ・ロメオは、ジュリア・クアドリフォリオGTAとGTAmのために、フェラーリの支援を得て制作した、2.9L V6エンジンから540psを絞りだした。 ただし、その出力でさえ、MC20のマーケット・ポジショニングには十分とは言えない。 そのため、MC20にはアルファ・ロメオのハイブリッドシステムが、採用される可能性が高いとみられている。 電気モーターの追加により、CO2排出量を削減すると同時に、ユニットで600psを超えるパワーを得ることが可能となるだろう。    カーボンファイバーのプラットフォームから期待される軽量化で、0-97km/h加速は3秒前半を達成し、320km/hの壁を越える可能性もある。 フロントアクスルに備えた電気モジュールが、エンジン駆動のリアアクスルを補足し、トルクベクタリング機能と、必要なグリップが提供される。 ライバルのスーパーカーと対等に戦うことが可能となるだろう。

【関連記事】