Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

銀行の融資基準が新規先に厳しく、既存先にはそれほどでもない理由

配信

LIMO

銀行の融資基準が新規先には厳しく既存先には甘いのは、銀行にとって合理的である、と筆者(塚崎公義)は考えています。

銀行の新規融資には、返済能力の厳しい審査が必要

銀行は、新規先から借入申込を受けた時には、返済能力に関して厳しい審査を行います。その上で、返済がほぼ確実と思われる先にだけ融資を実行します。 さらに、必要に応じて担保や保証を要求し、返済が確実に行われるためにできるだけの努力をします。したがって、貸出金利はそれほど高くありません。 余談ですが、一方で消費者金融は、大した審査をせずに気楽に金を貸しますから、貸し倒れも多いわけですが、それを補って余りある高い金利を課しているので、それはそれでビジネスになっているわけです。 これも余談ですが、筆者は銀行と消費者金融の中間的なビジネスが発展すれば良いと考えています。少しリスクがある先に少し高い金利で融資するビジネスですね。

既存の貸出先については基準が緩い

新規取引に際しては、厳しい審査が必要ですが、既存の取引先に対する融資の基準はそれほど厳しくありません。融資を実行する際の判断基準が新規先と既存先で異なっているのです。 たとえば既存の融資先が小幅の赤字に転落したとします。「新規先がこの決算書を持参したら、融資を断るだろう」と思いながらも、銀行は融資の借り換えに応じる場合が多いのです。 理由は色々ありますが、借り手が倒産すると「銀行の回収額が激減する」「銀行の評判が下がる」「地域経済に悪影響が出る」といったことを懸念するから、といったところが主でしょう。 「銀行の回収額が激減する」というのは当該借り手と銀行の1対1の関係を考えたものですが、「銀行の評判が下がる」「地域経済に悪影響が出る」というのは銀行とその他の借り手の関係も併せて考えよう、ということですね。

借り手の倒産で銀行の回収額が激減しかねない

銀行が赤字の借り手に対して期日通りの返済を求めると、借り手は現金がないために破産する、といったことになりかねません。 そうなると、まだ使える設備機械がスクラップ業者に二束三文で叩き売られたりするので、銀行の回収額は非常に小さくなってしまうかもしれません。 そうであれば、返済を待ってあげたり返済額と同額を融資してあげたりして、借り手の回復を待つ方が遥かに銀行の利益になる(損が減る)かもしれません。 今回の新型コロナ不況では、急激な売上の落ち込みで資金繰りに窮している借り手が多いのでしょうが、収束宣言が出れば比較的順調に売上が戻る企業も多いでしょう。それなら、なおさら借り手の回復を待つべきでしょうね。

【関連記事】

最終更新:
LIMO