Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「“仕事が楽しい”って幸せなことなんです」騒動から1年。入江慎也が語る、仕事から得る気付き

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

多くのビジネスパーソンの働き方が変わったここ数カ月間。自分の仕事のモチベーションや、やりがいについて考えた人も多かったのではないでしょうか。 そんななか、新R25は、ある人とコンタクトを取ることに成功しました。 カラテカ・入江慎也さんです。 世間を騒がせた闇営業の騒動から1年が経った現在、入江さんは清掃業に従事しているとのこと…! バラエティ番組などで華々しく活躍していたステージを失い、やや地味なイメージのある清掃業への転身。入江さんが今考える「仕事のやりがい」について、お話を聞いてみることにしました。 〈聞き手=天野俊吉(新R25副編集長)〉

清掃会社のアルバイトに、電話で応募した

天野: 今は清掃の仕事をやられてるそうですね…。どういう経緯で清掃の仕事を始めたんでしょうか? 入江さん: そもそものきっかけは、相方の矢部の一言でした。 事務所を契約解除になったあと、どうしたらいいかわからずいろいろな方に相談するなかで、矢部にも相談したところ、「地に足を着けてできることを頑張っていったらいいと思う」と言われたんです。 自分なりに何をすべきか考えて、農業のボランティアで福井県に行ったり、渋谷でゴミ拾いに参加したりしていました。 そんななかである日、部屋を掃除してて、芸人時代の小道具を捨てたら少し気持ちがすっきりできた感覚があったんです。 掃除って、部屋だけでなく、人の気持ちもきれいにするるんだなと感じて…清掃を仕事にするのがいいんじゃないかと思い、近所の清掃会社を調べてアルバイトの面接を受けに行きました。 天野: 普通にバイトに応募したんですか? ビックリされたのでは…? 入江さん: めちゃくちゃ驚かれました。 でも、「清掃の経験は?」とかきかれただけで何も言わず受け入れてくださったので救われましたね。僕を受け入れることで会社のリスクになる可能性もあったと思うんですが… 天野: 以前の入江さんは“社長の知り合いが多い”と話していましたが、知り合いを頼ることはしなかったんですか? 入江さん: しなかったです。「コネ」のせいでいろんな人に迷惑かけて、またコネを使うと同じことの繰り返しになると思ったので… 天野: そこは自分で決めていたんですね。 入江さん: そうですね。それで、35歳の社長、32歳の先輩、僕という3人の会社で働くことになりました。

【関連記事】

最終更新:
新R25