Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

緊急事態宣言で苦渋の決断が迫られる美容室 渋谷の人気ヘアサロン「シャチュー」のみやちのりよし代表に今の思いを聞く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WWD JAPAN.com

4月6日、政府の緊急事態宣言の発表を前にいち早く4月7日から当面の休業を決めた、東京・渋谷の人気美容室「シャチュー(SHACHU)」。これまでも短縮営業や予約の制限、土日の臨時休業を行うなどの対応をとってきた。他の美容室の状況を見ながら判断する美容室経営者が多い中、いち早く休業を決断した「シャチュー」のみやちのりよし代表に率直な思いを聞いた。 【画像】緊急事態宣言で苦渋の決断が迫られる美容室 渋谷の人気ヘアサロン「シャチュー」のみやちのりよし代表に今の思いを聞く

WWD:政府の緊急事態宣言が発表される前にいち早く当面の休業を決めた。

みやちのりよし(以下、みやち):自分の中では早いとは思っていません。やはり僕も含めてスタッフみんな、「こんな状況で働いていていいのか」という不安がありました。どれだけサロン内で衛生面などに気を使っても、お客さまに「100%安全だから来てください」とは言えないし、経営者としてスタッフの安全を考えると、休業すべきと判断しました。

WWD:他の美容室の動向などはチェックしていた?

みやち:それは気にしていませんでした。美容室の経営者としてはまだまだ未熟ですが、スタッフやお客さまを危険な目に合わせるべきではないという思いが強かったです。美容師は人を喜ばせる仕事なので、それが人を悲しませることになったらダメですよね。

WWD:一部では100平方メートル以下の美容室は“利用制限”に含まれないとの話もあるが?

みやち:それでも緊急事態宣言が出されている状況で、危機感は持っておくべきで、“利用制限”に含まれないからといって営業をすぐ再開することは考えていません。たとえ経営で失敗してもやり直しはできますが、命に関わることは取り返しがつかないですよね。命を取り戻せる可能性は0%でも、経営は1%の可能性があれば努力次第で取り返せます。

WWD:休業中はスタッフの給料も保証する?

みやち:当面は100%保証します。自分で言うのもなんですが、「シャチュー」は本当にいいスタッフばかりで、一人も辞めてほしくないと思っています。だからできる限りの保証はしていくつもりです。

【関連記事】