Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

故ク・ハラさん実兄のインタビュー公開…「妹の遺した財産、離婚家庭の子どもたちに」

配信

WoW!Korea

故ク・ハラの兄が妹への格別な愛情を表わした。 月刊誌ウーマンセンスが29日、故ク・ハラの兄ク・ホインとのインタビューを公開した。「KARA」出身の歌手ク・ハラの訃報が伝えられ8か月目。兄ク・ホイン氏は、子の養育の義務を怠った場合の財産を継承できないようにする、いわゆる「ク・ハラ法」の制定を進めている。 ハラ(KARA)のプロフィールと写真 実際にク・ハラの実母はハラが9歳、ク・ホイン氏が11歳になる頃に家を出て行き、彼女の死の後、弁護士を選任して相続権を主張するため現れた。現行民法上ハラの実母は養育義務を完全に捨てても実父と半分ずつ財産を分けて持つ優先順位1位の相続人だ。兄ク・ホイン氏は、ウーマンセンスとのインタビューを通じて「母の不在でも、かろうじて生き遂げた妹の財産であるだけに実母の代わりに助けが必要な人に使われることを望む」と法案発議の背景を明らかにした。 ク・ホイン氏は、兄妹の幼年時代について、「親戚の家で生き、常に顔色を見て住んでいたので、私の妹の夢はいつも『自分の家』を持つことだった」と回想した。 続いて「ハラは他の人が見た時は『スター』だが、私にはただ平凡で痛ましい妹であるだけだった。過去についてお互いあれこれ話を交わしてみると妹が愛にどれだけ飢えた子供だったのか、心が痛いことが多かった」と述べた。 ステージの下のハラはどうだったかの質問に、彼は「おいしいものが好きで、友達とおしゃべりを楽しみ、ゲームにハマると一日中ゲームばかりする非常に平凡な20代」と明らかにし、「デビュー以来、妹の最大の願いは、『歌を上手に歌うこと』だった。しばらく家にカラオケマシンを置いて歌の練習に夢中になっていた。人に認められて愛されたい気持ちが大きく見えた」と伝えた。 ク・ホイン氏は、ハラの財産が実母に行かない場合は、「まだ具体的に定めたのはないが妹のように困難を経験している人々に役立つことこそ、妹が空で最も望んでいる事だと思う。離婚後の養育費をまともに受けられない人々の裁判費用や、離婚家庭で苦労してやっていく子供たちを助けるために使いたい。ハラが孤独で大変な中で成し遂げた財産であるだけに、是非とも必要とする人に使用できたら良いだろう」と答えた。 ク・ホイン氏のより詳細なインタビューは、ウーマンセンス7月号を通じて読むことができる。

Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

【関連記事】