Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ファッション界に多様性をいち早く取り入れたピエール・カルダン 松本弘子も登場の本編映像

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 世界的なファッションデザイナーのピエール・カルダンに密着したドキュメンタリー映画『ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン』より、本編映像が解禁。有色人種のモデルを積極的に起用し、ファッション界に多様性をいち早く取り入れたカルダンの姿などを収めたものとなっている。 【写真】ピエール・カルダンの服を着るモデルの松本弘子  帝国を築いた伝説のファッションブランド「ピエール・カルダン」。本作はブルジョワ向けのオートクチュール(高級仕立服)から脱却して、プレタポルテ(既製服)に業界で初めて本格参入し、未来的なコスモコール・ルックで若者を熱狂させたモード界の革命児に初密着するドキュメンタリー。  今も現役で活躍するレジェンドが語るのは、ファシズムが台頭する祖国イタリアからフランスへ脱出した記憶に始まり、先鋭的すぎてファッション界から敬遠された苦悩と反撃、ジャンヌ・モローとの運命的な恋、情熱を注いだ劇場運営、門前払いされた高級レストラン「マキシム・ド・パリ」のリベンジ買収など、波乱万丈でカラフルな97年間だ。秘蔵映像や豪華なゲストたちの証言からは、スキャンダラスな天才デザイナーのチャーミングな素顔と輝かしいレガシーが浮かび上がってくる。  “モデル=白人女性”という既成概念を取り払い、アジア人女性や黒人女性、男性モデルを起用することで、ファッションを多様な民族に開放し、男女問わず多くの人々に装う楽しさを伝えたカルダン。今回解禁された本編映像は、有色人種のモデルを積極的に起用し、ファッション界に多様性をいち早く取り入れたカルダンの姿や、日本人モデルの松本弘子がカルダンのファッションを華麗に着こなす姿、関係者のコメントなどを収めている。  「デザインする時、体のサイズは考えない。人種のことも考えない。考えるのは体がまとう“ドレス”のことだけだ」と話すピエール・カルダン。そんなカルダンについて、ナオミ・キャンベルは「彼の創造性を表現するのは多様なモデルよ。モデルをうまく選んだわね」と称賛。カルダンが来日した時に、モデルの松本弘子を紹介したというデザイナーの森英恵も、松本のモデルとしての素質を見抜いたカルダンについて「たいしたものです」と讃える。  自身のブランドのモデルとして起用し、やがてシーズンのメインの服まで着るようになった松本弘子について、カルダンは当時を振り返り「弘子は重力を感じさせず、まるで天女のように歩く。今でも大きな影響を与えるモデルだ」とコメント。カルダンが、70年も前にファッションの世界において、現在では常識とされている“多様性”を持つことの重要さを広く訴えていたことが分かる映像となっている。  映画『ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン』は、10月2日より全国公開。

【関連記事】