Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【脚裏伸ばしダイエット】まずはこれだけ!前屈と基本の脚裏伸ばし

配信

集英社ハピプラニュース

全身の半分以上を占める大きな筋肉を伸ばして鍛えるだけで、無理な運動をせずとも痩せ体質に!まずはじめに“脚裏前屈”できるかチェックしてから、基本の足踏み前屈脚裏伸ばしトレーニングを開始しよう! ダイエットのアイデアまとめ ワークアウトを教えてくださったのは ●渋谷DSクリニック パーソナルトレーナー 三宅克治先生 モデル・女優などのボディメイクを担当するパーソナル トレーナー。年齢に伴う体の変化や、生活習慣にマッチした指導には定評がある。俳優としての一面も。

【初めにチェック】脚裏前屈できる?

チェックは簡単、ただ前屈をするだけ。これだけで普段から脚裏を伸ばせているかも確認でき、脚裏伸ばし効果も!

1 壁に背を向けて立つ。正しい基本姿勢を確認

壁に後頭部、肩甲骨、お尻、ふくらはぎ、かかとをつける。普通に立つと腰がこぶしひとつあいてしまうが、手のひら1枚分をイメージするとおなかが自然と引き締まる。

2 壁から離れないよう前屈して脚裏を伸ばす

お尻を壁につけ前屈。かかとは壁からこぶしひとつ分離れてOK。背中が丸まらないよう意識すると、ただの前屈より脚裏に負荷がかかり、縮こまり具合が実感できる。

【BASIC】本気で脚裏を伸ばす!

運動不足や、日常的にヒール靴習慣で、縮こまってしまった脚裏の筋肉をストレッチ。血液を送り出すポンプ機能を正常に! ★足踏み前屈脚裏伸ばし 2分で1セット 前かがみになって、その場で足踏みするだけ。脚裏全体の筋肉の伸縮を繰り返すことで、ポンプ機能を正常化。むくみ解消にも効果的!

1 骨盤を立てながら椅子を前にまっすぐ立つ

足をこぶし1個分あけて広げ、椅子を前に立つ。骨盤を立てるのがポイント。前屈チェックで壁前に正しく立つときのように、おなかとお尻を引き締める姿勢を思い出して。

2 背中を丸めないように注意しながら上半身を前に倒す

骨盤を立てたままお辞儀をするように前屈。椅子に手を添え、背中を丸めず、頭も下げないように注意しながら、胸を張ったまま前屈できるところまでキープ。

3 伸ばしたほうの脚に体重をかけながらその場で足踏み

その場でゆっくり足踏み。このとき、伸びている足のかかとに体重をのせて。脚裏がグッと伸びるのを感じるはず。2分程度、足踏みを続けると体もポカポカに。

イラスト/加納徳博 取材・原文/谷口絵美 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2020年5月号掲載

【関連記事】