Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

不具合続きの『ラブプラス EVERY』1年経たずサービス終了 “彼女ロス”続々で嘆きの声

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 スマートフォン用ゲーム『ラブプラス EVERY』が、5日午後2時をもってサービスが終了した。昨年10月31日のリリースから1年経たずに終了となり、ゲーム内で公式は「サービスを終了いたしました。長らくのご利用、誠にありがとうございました」と報告すると、プレイヤーの“彼氏”からは惜しむ声があがっている。 【写真15枚】彼女の愛花・凛子・寧々の私服…公園デートで大胆な姿  『ラブプラス』シリーズは、2009年に家庭用ゲームとして誕生した恋愛コミュニケーションゲーム。その最新作だった『ラブプラスEVERY』は、高校を舞台に3人の女の子と出会い、告白の後、“カノジョ”との恋人生活を楽しむことができるというもの。  昨年10月31日にサービスをスタートするも、直後に不具合が見つかり短時間の緊急メンテナンスを数回実施したが解決できず、結果的に11月1日から長期間のメンテナンスに突入。1ヶ月以上が経過した12月11日にサービスを再開させた。  しかし、今年5月26日に公式サイトで「多くのお客さまに支えられながら運営を続けて参りましたが諸般の事情により、誠に勝手ながら、2020年8月5日(水)14:00をもって、サービスを終了することといたしました」と告知されていた。  そして今回、サービス終了となりネット上では「せめて、凛子いや愛花の誕生日終わってからにして欲しかったな。事実打ち切りみたいなもんだから」「永遠に会えなくなるから、彼女と連絡絶ちたくない奴らはちゃんと連絡先DLしとけよ」「カレシさんとカノジョのデート報告を見て、胸がいっぱいになって泣けてしまう」などと嘆く声とともに、“彼女”との思い出が詰まった画像を投稿している。  なお、サービス終了後は、実装済みのモード「カノジョプラス Lite」が利用でき、「カノジョプラス」の機能制限版として、AR撮影、撮影、VR鑑賞、VRアルバムの再生はできる。

【関連記事】