Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

旭川実業Aと東山の一戦は、4-2で旭川実業Aが勝利

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 「第18回金沢ユースサッカー大会2020 supported by Athle」の2日目が8月6日に石川県内の各会場で行われた。グループAの旭川実業Aと東山の一戦は、4-2で旭川実業Aが勝利した。 【フォトギャラリー】旭川実 vs 東山  前日に和倉招待を終えた旭川実業だが、夏の強化遠征は続く。能登半島から金沢市へとスライドして挑む今大会はAチームとBチームに分かれての参戦で、「悔しい結果で終わった和倉ユース(5位)の経験を活かして、この大会に挑んでいる。昨日の結果は不甲斐なかった(SC相模原U-18に2-3で敗戦)けど、引きずっても仕方ないので気持ちを切り替えて得点に拘っていこうと意識した」(38番DF長代和)。  連戦による疲労も隠せないが、「みんな疲れが出てきているけど言い訳できない。この暑さに慣れて全国で戦えるようになるため、全員でタフに戦おうと心掛けた」(長代)。和倉ユースで全国の強豪から学んだ試合の入り方を意識し、序盤からアグレッシブな姿勢を披露。前半3分には前線で相手のパスミスを拾った74番FW河合駿樹のパスから、42番FW安藤望がボレーシュートを放つなど、高い位置でのボール奪取から素早く相手ゴールを目指した。12分には左サイドを上がった34番DF木村康志がゴール前にパスを送ると、河合、30番MF村口幹汰と繋ぎ、長代がシュート。この一撃が決まり、旭川実業が先制した。20分には中盤からドリブルを仕掛けた河合がゴール前にスルーパス。後方からPAへと飛び出した村口が冷静にゴールの隅に決めて、東山を引き離した。  対する東山はBチームでの大会参戦で、主力入りが期待される1年生が多数プレー。6番MF真田蓮司、47番DF新谷陸斗らによるパス回しでゲームの主導権を握ったが、「FWにボールが入った時にバチっと身体を当ててきて、自由にさせてもらえなかった」(87DF仲里勇真)ため、シュートまで持ち込めない。しかし、ボールに関与する選手を増やした後半は俊足の11番MF阪田澪哉らが決定機を演出。後半5分にはコンビネーションによる崩しから放った10番FW平尾和磨のシュートがポストに当たりながら決まり1点を返した。その後も均衡した試合展開を見せたが、守備の隙を突かれ、2失点。オウンゴールによって、2点目を奪うのが精いっぱいだったが、仲里は「ビルドアップで獲られることが少ないし、守備で負けてしまっているけどクロスには対応できている」と収穫を口にした。  勝った旭川実業は、長代が「チームの甘さが出て2失点してしまったので、まだまだタフさが足りない」と反省を口にしたが、午後から行った第2試合の金沢学院Aとの一戦を制し、2勝1敗でグループリーグを1位で通過。7日から行う上位トーナメント進出を決めた。 (文・写真=森田将義)

【関連記事】