Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【BKFC】タイソンの対戦相手候補ヴァンダレイ・シウバ「俺のキャリアは素手で戦う試合から始まった」=ベア・ナックルFC

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴング格闘技

 53歳でエキシビションマッチ出場の可能性が取り沙汰されているボクシングの元世界3団体ヘビー級王者マイク・タイソン(米国)に、BKFC(ベア・ナックル・ファイティング・チャンピオンシップ)が2千万ドル(約21億5000万円)の巨額オファーを提示。その対戦相手候補の一人として、同団体のデイビッド・フェルドマン会長が名前を挙げたヴァンダレイ・シウバ(ブラジル・43)が、米MMAサイト「Sherdog」でPVTのマルセロ・アロンソ記者に、「(実現すれば)すべての格闘技ファンが喜ぶ試合になるだろう。最高のボクサーと最高のMMAファイターが、全く異なるルール(素手で殴り合う)で戦うことになるだろう」と、対戦に前向きな姿勢を示した。 【写真】素手の戦いを『ゴング格闘技』2013年4月号の板垣恵介氏との対談で語るシウバ。  タイソンのリング復帰へ巨額のオファーを出したことが報じられているBKFCは2018年にスタート。「ラウェイ」のように、ボクシンググローブを着けずに素手で殴り合う新興のボクシング団体として人気を高めており、素手あるいはバンテージを巻いただけの選手は、特製の円形リングで2分5ラウンドのルールで対戦する。  ヴァンダレイ・シウバは「Sherdog」で、「俺は彼(タイソン)のアグレッシブなスタイルを真似て、彼の対戦相手への見え方までも真似したんだ」と、“アイアン”への憧憬を語ると、「今回のルールではグローブ無しで試合をすることになっているけど、俺のキャリアはグローブなしで同じ夜に3試合を行ったことから始まっている」と、1996年のプロデビュー戦で素手のバーリトゥードで20kg重い相手をKOしたこと、さらに翌1997年の「IVC 2」のワンデートーナメントの決勝まで素手で戦い抜いたことを語った。 「すべての格闘技ファンが喜ぶ試合になるだろう。最高のボクサーと最高のMMAファイターが、全く異なるルールで戦うことになるだろう」と、タイソン戦の実現を望むシウバだが、気になることは、シュートボクセ時代からの盟友ハファエル・コルデイロが現在、タイソンのコーチとしてミットを持っていることだ。  日本でも「VALE TUDO JAPAN '99」で佐藤ルミナと対戦したことで知られるコルデイロは、現在・米国ロサンゼルスでキングスMMAを主宰。タイソンの激しいパンチを導くミット動画が世界で話題となっている。  コルデイロが反対側のコーナーに立つ可能性について、シウバは「“マスター”コルデイロはアメリカに住んでいるし、彼がタイソンを訓練していることは認めるけど、反対側のコーナーにいる自分の師匠を受け入れることはできない。それは絶対にありえない」と否定している。  一方で、チャリティーマッチでのリング復帰に向けてトレーニングを続けるタイソンのミットを持つコルデイロは、ESPNのアリエル・ヘルワニの質問に答える形で、タイソンの動きについて、「当初は、10年近くミットを打っていない男に何を期待していいのか分からなかった。でもパンチを受けたら、彼は21歳のスピードとパワーを持っていた。“彼は誰かを殺そうとしている”と感じたくらいだよ」と賞賛。  さらに「私はこれまで多くのヘビー級選手をトレーニングしてきたけど、誰に対しても尊敬の念を持っているわけではない。タイソンは今のヴァンダレイ・シウバとほぼ同じくらいのパワーを持っている」と証言していた。  しかし、かつての弟子であるシウバとの対戦については、「ヴァンダレイやタイソンから何の連絡も受けていない。私が知る限り戦いは実現しないだろう。タイソンはボクシングファイトをするためにグローブを使ってトレーニングしているし、噂についてコメントするのは難しい」と否定的な見解を示している。  果たして、タイソンvs.シウバの素手による戦いは実現するか。MMAを会場で観戦するほどのファンでもあるタイソンは、米国でヴィトー・ベウフォートやヘンリー・セフードとの合同練習の動画もアップしており、ブラジルやMMAコミュニティとの関係も深い。そして、「ボクシンググローブを着けている」との証言からも、シウバとのBKFCでの試合の実現には疑問符が残る。  一方でBKFCのアグレッシブな展開に注目が集まっているのも事実だ。BKFCには、ボクシング界からは、すでに元2階級制覇王者のポール・マリナッジ(米国)、元IBF世界スーパーウェルター級王者のイシュー・スミス(米国)らが転向。MMAからは、元UFCのガブリエル・ゴンザガ(ブラジル)とアントニオ・シウバ(ブラジル)が参戦し、2019年10月に米国フロリダ州タンパで行われた『BKFC 8: Silva vs. Gonzaga』では、ゴンザガが2R TKO勝ちを収めている。  なお、ヴァンダレイ・シウバのMMAでの前戦は2018年9月30日「Bellator 206」。クイントン・ランペイジ・ジャクソンに2R、右フックからのパウンドでTKO負けを喫している。また現在、タイソンのチャリティマッチの相手候補には、シャノン・ブリッグス、ティト・オーティス、イベンダー・ホリフィールドらの名前も挙がっている。

【関連記事】