Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年度の大阪桐蔭は強いのか?箕面学園戦から検証

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校野球ドットコム

 2021年度の大阪桐蔭はかなり期待が高いチームといわれている。本当に強いチームなのかは検証するには、一歩引いてみる必要がある。大阪桐蔭の選手たちは中学時代に日本代表を経験している選手が多い。肩書きを見てしまうと、なんでもすごいと妄信的になってしまうところがある。過去の活躍はすべて取り除いて、まずはフラットな視点で今年のチームを見てみた。 【画像】関戸康介の投球フォーム一覧  まず守備面は人工芝が変わった南港中央球場で守ったということで、バウンド面で苦労している様子が見える。  動き自体は素早く、能力の高さは十二分に感じられるが、まだ精度は低い。そこは新チームらしいかもしれない。  それは初回に出る。1回表、4番池田 陵真の犠飛で1点を先制。しかし1回裏、先発の松浦 慶斗が二死一塁の場面から4番の安打でピンチを作り、またここから連携ミスで同点を許す。2回表、松浦自身が適時打を放ち、勝ち越しに成功し、4回表にも1点を追加したが、箕面学園の先発・藤田海ののらりくらりとかわす投球の前に苦しんでいた。  しかしそんな状況を切り開いたのが、3番宮下隼輔、4番池田 陵真の夏の経験者組だった。  まず5回表、宮下はストレートをとらえ、公式戦初本塁打。「ストレートをうまくとらえることができました。自分は中距離打者なので、うまく打てたと思います」 まだ高校通算5本塁打ではあるが、175センチ80キロと重心を低くした構えからインサイドアウトのスイングで振りぬき、広角に打ち分けるスタイルは吉澤 一翔(早稲田大)を思い出させる。また「肩の強さには自信があります」と語るように守備力も非常に高い。この夏は先輩野手のけがなどもあり、遊撃を守った。打球反応が良く、軽快な三塁守備は魅力的で、さらに肩の強さも一級品だ。攻守ともに技術が高く、今年のチームの中心選手といっていいだろう。  そして4番・池田も甘く入った変化球を逃さず、レフトスタンドへ3試合連続弾(この秋3本目)。打った瞬間、レフトが一歩も動かない豪快な本塁打となった。  これで高校通算15本塁打目。172センチ80キロと身長があるわけではないが、それでも安定感のある構え、縦振りのスイングにより、強烈な打球を生み出す。センターからの強肩も魅力的で、攻守の総合力の高さは世代でもトップクラス。池田の魅力といえば、試合の中での集中力の高さ。改めて球場で彼の雰囲気を見ると、自分の間合いにもっていくのがうまい。  無駄な打撃がなく、凡退となってもしっかりととらえている当たりや、犠牲フライなど最低限の打撃が多い。西谷浩一監督は「気持ちが強い選手」だと評する。取材陣の前に出てきた池田のいでたちは実に自信に満ち溢れており、主将を決める際は満場一致で池田となったそうだ。まず2019年の主将・中野 波来(青山学院大)、2020年の主将・藪井 駿之裕は人柄の良さが前面に出る。池田の場合、中川 卓也に近い、「オレについてこい」タイプの主将だ。攻守のパフォーマンスや試合での立ち居振る舞いを見れば、ついていきたくなる選手だ。

【関連記事】