Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全長5.8m超! トヨタ「タンドラ」の2021年モデル登場! 黒い邪悪な特別モデルも設定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるまのニュース

タンドラ2021年モデルのTRDプロは新色追加

 北米トヨタは、「タンドラ」の2021年モデルを発表しました。    タンドラは全長5814mm×全幅2030mm×全高1925mmの巨大なフルサイズピックアップトラックで、プロユースとしても、趣味で使えるクルマとしても、幅広いユーザーから支持されています。 【画像】超巨大! フルサイズピックアップ「タンドラ」の最新モデルをチェック(14枚)

 新型タンドラは、「TRDプロ」に新しいボディカラーが設定されたほか、スペシャルエディションとして「トレイル」および「ナイトシェード」を導入、遊び心とスタイリングを強調しています。  パワートレインは、5.7リッターV型8気筒エンジンを搭載。最大積載量は1730ポンドで最大牽引力は1万200ポンドで、仕事や趣味など、さまざまな用途に対応できます。  オフロードチューニング仕様である「TRDプロモデル」のボディカラーでは、これまでの「アーミーグリーン」に代わる新色として「ルナロック」を導入。  ほかにも、「スーパーホワイト」、「マグネティックグレーメタリック」、「ミッドナイトブラックメタリック」が用意されています。  タンドラのユーザーは、キャンプや釣りなどのアウトドアを好むユーザーが多いことから、利便性を向上させた「トレイル エディション」が設定されました。  トレイル エディションは「SR5」グレードをベースとし、2WDと4WDの2種類が用意されています。 「アップグレードパッケージ」として、大型燃料タンクや運転席パワーランバーサポート付きフロントバケットシート、フロントセンターコンソール、チルト/テレスコピックステアリングホイール、3つのフロントカップホルダー、アラーム&エンジンイモビライザー付き盗難防止システムが設定されました。  ボディカラーは、「アーミーグリーン」、「セメント」、「ミッドナイトブラック」、「スーパーホワイト」から選択でき、エクステリアにはブラックのバッジが装着されます。  内装は、ブラックのシートにタンのステッチが施されるなど上質な雰囲気です。全天候型フロアライナー(樹脂製フロアマット)が全車標準装備され、アウトドアでの汚れをしっかりと受け止めてくれます。  トレイル エディションには、最上位モデルの「タンドラ1794エディション」のクロームグリルと、カラーキーで囲まれた特別仕様のホイールが装着されました。  施錠可能なベッド収納には、運転席側に断熱材と排水プラグがあり、持ち運び可能なクーラーとして機能します。  さらに、黒づくめの「ナイトシェード」もタンドラ2021年モデルに設定されました。2021年モデルのナイトシェードは、豪華な「リミテッド」グレードをベースに、こちらも2WDと4WDの2種類が用意されています。  ブラックレザートリムのシートと少し邪悪なブラックエクステリアトリムに加え、ブラックのクロームグリルやブラックミラーキャップ、ブラックドアハンドルが採用されました。  大胆なスタイリングパッケージを完成させるために、ブラックホイールとエキゾーストチップを装備したナイトシェードは、「ミッドナイトブラックメタリック」と「マグネティックグレーメタリック」の2色のカラーリングが設定されました。  また、特別仕様車には、「ウィンドチルパール」と「スーパーホワイト」も特別色として用意しています。  タンドラ 2021年モデルの価格は、3万3675ドルから5万3050ドル、日本円で約356万円から約561万円です。

くるまのニュース編集部

【関連記事】