Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧米で浸透する最高学習責任者「CLO」 変化の時代のリーダーを育成するには?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

「CLO」という役職名を聞いたことがあるだろうか? 「チーフ・ラーニング・オフィサー(最高学習責任者)」といって、欧米の大手企業では浸透している役職で、会社のリーダーシップ強化のために人材を育てる役割を担っている。以前は選抜されたリーダー層の育成が主な役割だったが、時代が変化する中で、昨今は社員データを活用しながら機動的な人材育成や組織開発までも行うようになってきている。

新しい時代のCLOの役割とは?また、日本企業への導入の課題とは――。「CLO会議」などで企業の人材育成・組織開発をサポートする、株式会社グロービスのマネジング・ディレクター、井上陽介さんにお話を伺った。

アメリカでは90年代にCLO導入

「CLO」という役職は、アメリカではすでに1990年代の前半から存在している。起源は諸説あるが、「ゼネラル・エレクトリック(GE)」で使われたのが最初ではないかという説が有力だそうだ。GEは当時のCEOだったジャック・ウェルチ氏が「各事業のリーダーを徹底的に育てることが競争力の一つになる」との考えを示し、リーダー養成所を設立。そこで、CLOという役職を作り、その下で各部門から選抜されたリーダーを束ねて徹底的に育成した。 井上氏によれば、CLOの役割は「競争環境が変化していく中で、そもそもどういうリーダー人材が必要なのかという人材像を定義。そして、ポテンシャルのある人材を発掘、選抜し、育成プログラムを設計、提供、育成した上で配置転換をする」というもの。スタートアップなど小規模な会社だと、そこまでリソースがないためCLOが配置されることはないが、社員数が大きくなるにつれ、CLOの機能が求められてくるという。 日本企業でも2000年代初頭ぐらいから、グローバル企業のベストプラクティスを探る中でGEの例などを学習しながら、次世代のリーダーを育てるための「コーポレート・ユニバーシティ」を作る動きがみられた。なかでも代表的なのは、トヨタ自動車の「トヨタインスティテュート」。学長は社長だが、その人材育成責任者は実質的にCLOの役割を担っている。 「最初のころ、日本企業においては、同期社員の中から誰かを選抜していくということに対する抵抗感がすごかったのですが、実際には(表立って言わなくても)選抜されているし、その人たちをトレーニングし、次のチャレンジングな業務に異動させてリーダーを育てていくことの効果も感じられたため、今では多くの日本企業に定着してきています。日本企業ではCLOという役職名はあまり使われないですが、その実質的な役割を人事部長のような方が担っています」(井上氏、以下「」は同様)。

【関連記事】