Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

劇場からの生配信のみ、俳優・柄本明がオンラインひとり芝居

配信

Lmaga.jp

俳優・柄本明によるひとり芝居『煙草の害について』が、6月5日・6日に有料生配信。劇場「浅草九劇」(東京都台東区)がオンライン型演劇場としてリニューアル後、初の上演作品となる。 【写真】「セリフと格闘するのが役者」と話す柄本明 柄本が1993年に初のひとり芝居として、自身が構成・演出した本作。アントン・チェーホフ原作で上演時間20分程の短編を、約1時間の風変わりなひとり芝居にアレンジし、これまで再演を重ねてきた作品だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため劇場公演がままならない状況で、柄本は「演劇人としてまた俳優として、何かやらなければと考えていたところ、浅草九劇から声をかけていただきました。よろしくお願いします」とコメントしている。 上演は6月5日・夜7時半、6日・昼2時の2回。会場の「浅草九劇」での観覧はなく、動画プラットフォーム「Vimeo」でのライブ配信のみとなる。チケットは2000円。

【関連記事】