Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

浜辺美波、ダブル主演作で見せる“2つの新境地” トップ女優への階段上る“進化”の現在

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

数々のドラマや映画、テレビCMに出演し、今最も注目されている女優・浜辺美波。今夏、映画「思い、思われ、ふり、ふられ」とドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の2作品で主演。どちらの作品でも、これまで演じてきた役柄とはテイストの異なる役に挑戦し、新鮮な印象を与えている。今までの出演作を振り返りながら、女優としての進化を探っていく。 【写真を見る】浜辺美波、横浜流星とのラブシーンに視聴者騒然 布団の上で密着… ■ ハマり役多数 フィクショナルでミステリアスなキャラ 浜辺のこれまでの出演作を振り返ってみると、役柄を2パターンに大きく分類することができる。 一つ目は、人間味が薄くミステリアスな雰囲気の役。どこか超然とした浜辺自身のキャラクターとルックスが、アニメや漫画原作などのフィクショナルな世界観に見事にマッチし、ハマり役を数多く生みだした。 アニメ原作の「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(2015年、フジテレビ系)のメインヒロインで“霊的”存在の本間芽衣子(めんま)役や、漫画原作の「咲-saki-」(2016年、TBS)では、原作ファンから“魔王”とも呼ばれる、人間離れした超人的な麻雀能力を持つ主人公・宮永咲役を演じ、漫画原作の「賭ケグルイ」(2018年、TBS)では、ギャンブル中毒の主人公・蛇喰夢子の狂気的なキャラクターを表現した。 また、数々の映画賞を受賞し、浜辺の名を一躍スターダムに押し上げた映画「君の膵臓をたべたい」(2017年)では、病気を患う余命1年の女子高生・山内桜良役を好演。北村匠海演じる“僕”をミステリアスな雰囲気で翻弄しつつも、病気になった自分の運命に苦悩する儚げな姿を演じ、観客を涙させた。 ■ コメディタッチの変人役でも魅力発揮 もう一つが、コメディタッチな変わり者役。ドラマ「崖っぷちホテル!」(2018年、日本テレビ系)での、空気が読めない料理長・鳳来ハル役や、映画「センセイ君主」(2018年)では、先生に恋する女子高生・佐丸あゆは役を演じ、全力のリアクションや顔芸を披露した。 また、ミステリー作品への出演も多く、「ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~」(2019年、NHK総合)の黒薔薇純子役、映画「屍人荘の殺人」(2019年)の美人大学生探偵・剣崎比留子役、「アリバイ崩し承ります」(2020年、テレビ朝日系)での“アリバイ崩し”が得意な時計屋・美谷時乃役など、どれもコミカルで笑える個性的な探偵役を演じた。 現在放送中のドコモのCMでは、キャラクターのモンジュウロウに扮し、また「浜辺さんのモノマネ」篇では星野源にモノマネしながら話しかけるなど、コメディの分野でも才能も発揮している。 これらように、今まで浜辺が演じた役はキャラクター性の強い役が多く、日常感や身近感がある“普通の人”の役はあまり演じてこなかった。 ■ 映画「ふりふら」で“普通”の高校生に 今回、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二とともに主演を務める映画「思い、思われ、ふり、ふられ」は、高校生の切ない恋心を描く王道キラキラ系青春映画。母親の再婚により、同級生の山本理央(北村)と兄弟になり同居することになってしまった女子高生・山本朱里役を浜辺は演じる。 同作では、家族関係、友人関係、恋愛、将来のことなど、大人になるギリギリの年齢特有の普遍的な苦悩やもどかしさが描かれ、家庭環境の設定こそ特徴的ではあるものの、“等身大”の高校生の姿を表現。また、自身初となるキスシーンにも挑戦した。 役名の「山本朱里」という地味な字面からも分かる通り、これまで数多く演じてきた高校生役とは一線を画す、日本中どこにでもいるかもしれない“普通の人”役で、新たな演技の幅を示した。 ■ 「わたどう」では“大人”の魅力発揮 現在放送中のドラマ「私たちはどうかしている」では、横浜流星とダブル主演。観月ありさ演じる姑による執拗な嫌がらせなど、“昼ドラ”的なドロドロした展開が繰り広げられる中、浜辺演じる七桜と、横浜演じる椿の恋愛模様に視聴者の注目が集まっている。 第1話で、いきなり椿とのキスシーンが描かれ視聴者は騒然。第2話のラストでは、七桜と椿のベッドシーンも。 2つ並んで敷かれた布団に横になった七桜と椿。「初めて会った時、この手が俺の隣にいたら何か変わるんじゃないかって…」と、椿は七桜の手に触れ、七桜もそんな椿の背中を抱きしめた。心の中では戸惑いながらも、七桜は布団の中で椿とキスを交わした――。 これまでの浜辺の清純派な印象を覆す、大人なラブシーンに視聴者からは衝撃の声が続々と上がり、SNSでは「思わず叫んだ」「ラブシーン美しすぎる」「刺激が強い」といった感想が飛び交った。 第3話では、七桜の方から椿にキスをするなど、これまでの浜辺には無かった“大人”な魅力を見せている。 この2作品で、キャラクターに頼らない“等身大”の演技や、「若い」「かわいい」「清楚」といった従来のイメージを覆す大人っぽい演技など新境地を開拓。8月29日には、20歳の誕生日を迎えた浜辺。大人の女優として、今まさにスターへの階段を上っているのではないだろうか。(ザテレビジョン)

【関連記事】