Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

久保優太がピケオーの日本人無敗記録をストップ【3・22 K'FESTA.3】

配信

TOKYO HEADLINE WEB

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)で行われた「K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ」で王者・久保優太がジョーダン・ピケオーを挑戦者に迎え3度目の防衛戦を行った。  1R、サウスポーの久保とオーソドックスのピケオーが対峙。久保の左のミドル、ローに、ピケオーは前蹴りで対抗。ピケオーは距離を詰めボディーブロー。  久保の左ローとピケオーの右ローが交錯する。ピケオーがじりじりと距離を詰め右ハイキック。久保はガードの上から被弾。  2Rはともに小刻みな蹴りで牽制するなか、ピケオーのミドルがローブローとなり中断。再開後、ピケオーの右ハイをスウェーでかわす久保。  久保の小刻みなローを食らいながらも距離を詰めパンチを放つピケオーだが、目のいい久保にかわされ、決定打は放てない。久保はローで詰めてコーナに追い込むとボディーブローの連打。徐々に試合のペースは久保のものに。  ピケオーもリズムを変えるべく前へ出て前蹴りを放つが次の攻撃につなげられない。

 3R、分が悪いピケオーは距離を詰めていくが、久保は巧みなディフェンス。そして左のミドルでピケオーの攻撃を止め、ピケオーのパンチは寸前でかわしてはクリンチで勢いを止めていく。  思うような攻撃が繰り出せないピケオー。ピケオーが距離を詰めてパンチを放っても久保も体を寄せ連打を許さない。  残り30秒、ピケオーの猛攻をクリンチでしのいだところで、久保にホールディングの注意が与えられる。再開後もピケオーがパンチの連打に飛びヒザで攻め込むが、久保はロープを背に上体を揺らしてかわし、クリーンヒットは許さない。  試合終了のゴングが鳴ると両者ともに両手を挙げ勝利をアピール。  試合は微妙な判定となったがジャッジ3者とも30-29で久保を支持。久保が3度目の防衛に成功した。ピケオーは来日以来の対日本人無敗記録がストップした。

【関連記事】