Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ワガママか大物か? 生放送で降板直訴した小倉優香が差し出す「踏み絵」の恐ろしさ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 早寝早起きの生活リズムと合わないので、深夜ラジオを辞めたい。番組で降板を直訴したタレント・小倉優香。本人の言葉によれば、降板の意思は3カ月以上前から事務所に伝えていたとのこと。それなのに事態が変わらないので、生放送中に言う、という苦渋の決断だったことを明かしている。

 彼女の行動について賛否は分かれた。ただのワガママだ。周囲のタレントも動揺させて番組が台無しになった。そういう人たちもいれば、無理にやりたくない仕事をやらなくてもいい、前々から伝えていたのに事務所が動かないなんてブラック企業だ、という人たちもいる。指原莉乃は、「芸能界の仕事がなくなってもいいという覚悟で言ったのではないか」とクールにコメントしていたが、そこまで破れかぶれだったかどうかは疑問である。むしろ、とても自分に自信があり、まだ芸能活動はできると踏んで実行に移したように見える。  芸能事務所のメンツをつぶし、スポンサーや共演者に迷惑をかけることは、タレントにとって自殺行為だ。指原の言っていることはそういうことだろう。ただ、今いちばん業界で力を持っているのは、「SNSを使う無名の人々たち」ではないだろうか。たとえば、ユッキーナの引退のきっかけを作ったのも、彼女の復帰を再度阻んだのも、一般市民による告発やブーイングの嵐だった。ユッキーナの芸能事務所は大手である。その大手でさえ、無名の人々を黙らせることは不可能なのだ。  そして今は、大手事務所を退所してYouTuberとして成功する元タレントたちも増えている。彼らの得意客はスポンサーでもテレビ局でもなく、やはり無名の人々たちである。登録者数が増えて人気が爆発すれば、再びテレビからオファーが殺到するという逆輸入パターンだって可能だ。芸人のヒロシなどがいい例だろう。  だから小倉は、芸能界引退なんてことは考えていないと思う。折しも芸能界は、年若いタレントの自殺が相次いだ時期でもあり、本人の意思に反する働かせ方やメディアの切り取り方に反発が強まってきているところである。小倉自身も自分という「踏み絵」を差し出して、こう問うているように見える。私をこのまま踏みつけにするなら、旧人類と思われるけど、それでもいいの? と。SNS総出で戦うことになってもいいの? と。

【関連記事】