Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

出世街道を外れ、デンマークに育休留学した30代サラリーマン。激変した生活で得たものは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

大手広告代理店に新卒入社、花形の広告マンとしてバリバリと仕事に励み、順調にキャリアを積み上げてきた大関海平さん(33歳)。結婚し娘が誕生、周囲からも出世を期待されていた。そんなタイミングで彼が選んだのは、育休を取得してのデンマーク留学という意外な道だった。 2019年8月、家族と一緒にデンマークに移住。ビジネススクール「KAOSPILOT」(カオスパイロット)に所属し、3年間の学業に励みつつ、家庭では一児の父として家事・育児に意欲的に取り組む大関さんは、福祉国家デンマークでどんな生活を送っているのか。彼が思い描くこれからのキャリアとはーー。

30歳を過ぎ「留学するなら今しかない」と思った

広告代理店に入社して9年目、広告マンとして海外出張をするなど、華やかな社会人生活を送っていた大関さんが、なぜ出世街道を外れて北欧デンマークに留学したのか。それは、誰もが気になる問いだろう。 「社会人になってからの海外留学は以前から視野に入れていました。娘の誕生により一時は完全に思考停止状態になったものの、最大2年間の育児休暇を取得できることに目を向け、いっそのこと留学しながら子育てするのもアリだなと。32歳という年齢的にも、動くなら今しかないと思いました」(大関さん) 育児休暇と会社の私費留学制度を組み合わせれば、最大で4年間休むことができる。会社にとっては、8年以上も仕事にまい進してきた大関さんを長期間失うのは痛手だったに違いないが、それでも大関さんの決意は揺らがなかったという。 「僕の頭の中にあった問いは、課題だらけの世の中で自分ができることは何か。それを日本と異なるコンテクストの中で見つめ直し、ソリューションをゼロから生み出すスキルを身に付けたいと思いました。これまでの人生では何もないところから事業を作る経験は皆無で、このままでは国と会社とクライアントに守られたサラリーマンで終わってしまうと、危機感があったんです」(大関さん) 今、社会が本当に必要としているものは何なのか、それを自ら見極め、熱量を持って取り組める“何か”を見つけ、ゼロから解決策を生み出せる人間になりたい。それが大関さんの強い欲求だったのだ。 留学を決めたとき、家族や周囲の反応がどうだったのか尋ねると、応援する声が大多数の中で一部、疑問の声もあったそうだ。 「妻を含めた身内は、驚きはしたものの僕の強い決心を知ると、全力で応援してくれました。会社の仲間やクライアントの方々も強く背中を押してくれた。一方で、一部の同業者からは『なぜ、子どもが生まれたばかりで留学にお金をつぎ込むのか理解できない』という声もあり、確かに無給状態で貯金を切り崩していく生活への恐怖感はありましたが、経験上、自分で決めて貫いたことは後悔がなかったので、絶対に後悔しない自信がありました」(大関さん)

【関連記事】