Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

牧瀬里穂の“ズミ先輩”呼びに石原良純デレデレ!長嶋一茂との“三角関係”の真相が明らかに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

6月5日(金)放送の「ザワつく!金曜日」(毎週金曜夜7:00-8:00、テレビ朝日系)は、ゲストに牧瀬里穂が登場し、5月22日放送時に判明した石原良純と長嶋一茂との“三角関係”について当時の真相を語る。 【写真を見る】牧瀬里穂の言葉に顔がゆるみっぱなしの石原良純 2000年初頭に牧瀬、良純、一茂の3人が共演していたドラマの現場で、一茂とはあまり話さない牧瀬が良純とはよく話をしていたという事実が判明。 牧瀬に好意を寄せていた一茂と良純は、当時牧瀬がどう思っていたのか知りたいと、本人に真相を根掘り葉掘り聞いていくことに。 親しみを込め、良純を“ズミ先輩”と呼ぶ牧瀬が、「皆さん、そう呼びませんか?」と聞くと、一茂と高嶋ちさ子は「そんな呼び方はしない」「初めて聞いた」と全面否定。 そんな中、牧瀬は、良純がいかに紳士的で優しく、話しやすかったのかを語ると、良純は「この番組で、こんないいことがあるんだ」と満面の笑みを見せる。その様子に高橋茂雄は「収録が始まってから、顔が若返っている!」と驚き、デレデレした顔をちさ子に「もう見ていられない!」と言われても良純の顔は、ゆるみっぱなしだ。 ■ 長嶋一茂が期待を込めて牧瀬里穂に質問するが… 一方、一茂は当時のドラマの収録現場で「ふたりが仲良く話すのをそばで立ち聞きしていて、いつ話に入ろうか、入ろうかと思っていた」と恨み節がさく裂。 牧瀬が、良純と家も近かったので「現場から家に帰ると、ズミ先輩ももう家に帰られたかなとよく思っていました」と続けると、一茂はどんどんご機嫌ななめになっていく。 しかし、一茂は牧瀬に「気になっていたから、逆に冷たくしてしまったのでは?」と期待を込めて聞くが、牧瀬には、どうしても一茂に話しかけられなかった訳があった。その話を聞いたちさ子が思わず、「もったいないことをしたねー」と言った、一茂の痛恨のミスが明らかになる。 ■ 長嶋一茂が今後のスポーツ界を熱く語る さらに、新型コロナウィルスの影響で2020年の高校野球が中止になったことに一茂が言及。 長く野球に携わってきた一茂が、「暴言と思われるかもしれませんが、中止にすべきではなかった」と思いを吐露し、救済する術はないか訴える。 また、高校野球を中止したことで、今後ほかの競技の大会にどんな影響を与えるのか、一茂が熱い思いを語る。 ほか、ちさ子が結婚する前に、当時恋人だった夫と“ちさ子ママ”との間に起きたいざこざのてん末や、高橋が“主宰”となり、家にある調味料が劇団員だという、何ともシュールな「劇団スパイシー」のその後も明らかに。(ザテレビジョン)

【関連記事】