Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

After the Rain、初の全世界配信ライブ開催決定!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エムオンプレス

人気アーティスト “そらる”と“まふまふ”によるユニット「After the Rain」が初の無観客配信ライブを11月7日(土)に開催することが”まふまふちゃんねる”の生配信放送で発表となった。 さらに配信対象地域は「全世界」となり、世界中どこからでも彼らのライブを楽しむことができる。 同日より配信ライブの視聴券販売が開始され、日本国内は「イープラスStreaming+」、海外(中国以外)は「ZAIKO」、中国は「bilibili」にて現地時刻9月19日(土) 19:00より販売開始となり、それぞれの配信メディアからの視聴が可能となっている。 近年の音楽シーンを代表する「After the Rain」の配信ライブがついに実現となる。 今、最も勢いに乗っている彼らのパフォーマンスに今から期待が膨らむ。 ●ライブ情報 After the Rain ONLINE LIVE 2020 出演:After the Rain(そらる×まふまふ) 11月7日(土)20:00~配信開始(日本時間) ※中国のみ1時間遅れての配信開始となります。(日本時間21:00) チケット(視聴券)料金 日本:1,500円(税込) 海外(中国以外):1,500円(税込) ※日本円 中国:100元 チケット(視聴券)購入はこちら (イープラス Streaming+) 販売期間 <コンビニ/ペイジー/ネットバンキング決済> 9月18日(金)20:00~11月4日(水)23:59まで <クレジットカード決済> 9月18日(金)20:00~11月8日(日)17:59まで ※決済方法によって購入期限が異なりますので、ご注意ください。 販売方法:先着順 ※販売枚数には限りがございます。受付期間中でも予定枚数終了となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。 購入枚数制限:お一人様1枚まで お問い合わせ:イープラス Streaming+視聴者ご利用ガイド 特設サイト ・日本語版: ・英語版: ・中国語版: <Aftre the Rain プロフィール> 2014年アルバム「アフターレインクエスト」より活動を開始、直ぐにその人気に火が付き、翌年2015年に発表された2ndアルバム「プレリズムアーチ」では専門店でのチャート上位を席巻、大ヒットとなる。 2016年、After the Rainとして活動を開始、4月に発売されたアルバム「クロクレストストーリー」はオリコンウィークリー2位、そして7月にはコンサート「After the Rain 両国国技館2016 ~モーニンググロウ アフターグロウ~」を実施、12,000名のファンを魅了した。 2017年、自身初となるシングル「アンチクロックワイズ」、「解読不能」を発売。それぞれオリコンウィークリー3位 4位を記録、同年8月には日本武道館公演を実施し、26,000名を動員、さらに12月にはウィンターツアーも開催した。 2018年8月のさいたまスーパーアリーナ2days公演は、合計36,000名を動員。同年9月発売のアルバム「イザナワレトラベラー」はオリコン週間チャート初登場2位を記録し、日本レコード協会ゴールドディスクを獲得した。 2019年8月には初の野外公演を富士急ハイランドで開催し、2日間で26,000名を動員。同年11月からは、人気アニメ「ポケットモンスター」の主題歌を担当し、12月にその主題歌となる「1・2・3」を配信リリース。 2020年8月にはミニアルバム「7×2つの大罪」を発売。 <そらるプロフィール> 1988年11月3日生まれ。 宮城県出身。 名前の由来は、空を眺めるのが好きなことから。 歌、作曲、作詞、エンジニア。 2008年動画投稿サイトで活動を開始し、動画の総再生数は3億再生を突破し、 Twitterのフォロワー数は145万人越え LINE公式アカウントの登録者数84万人とネットシーンを中心に活躍するアーティスト。 2018年7月22日には活動10周年を迎えた。 ソロ活動として初の横浜アリーナを含めたツアー「SORARU LIVE TOUR 2017 ~夢見るセカイの歩き方~」を敢行し全公演ソールドアウトを記録。 2018年11月28日発売TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」エンディングテーマを収録したシングル「銀の祈誓」はオリコン週間チャート2位、 2019年3月6日発売ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」のオープニングテーマを収録したシングル「ユーリカ」はオリコン週間チャート3位を記録。 2019年3月から初の単独公演となる幕張メッセ2dayを含む全国6大都市ツアーを開催。さらに同年7月にニューアルバム「ワンダー」を発売し、 11月には再び幕張メッセ2daysによるバースデーワンマンライブを開催した。 <まふまふプロフィール> 歌、作詞、作曲、編曲、エンジニアリング 楽器:ギター、ベース、ピアノ Birthday:10.18 Blood Type:? ネットシーンに現れた稀代のマルチクリエイター。 動画投稿サイトやSNSにおいて、圧倒的人気を誇る。YouTubeチャンネル登録者数250万人以上、Twitterのフォロワー数は170万人以上。 投稿される動画は、オリジナル曲、歌ってみた、バラエティ等多岐にわたっており、YouTube・ニコニコ動画合わせて総再生数9.8億を超えている。 歌唱、作詞、作曲、編曲、エンジニアリングまで行い、また様々なアーティストへの楽曲提供も行なっている。その類まれな才能と世界観は多岐にわたる評価を受け、中国の動画サイト・bilibiliでも登録者数が60万を超えるなど、日本のみならず海外でも支持を得ている。なお、肩書きは「何でも屋」である。 [近年の実績] 2017年10月発売のソロアルバム「明日色ワールドエンド」がオリコン週間チャート初登場2位を記録し、売上枚数が10万枚を超えた作品に与えられる日本レコード協会のゴールドディスクを獲得。 2018年3月には同アルバムの発売記念イベント「ひきこもりでもライブがしたい!」を幕張メッセ国際展示場9~11ホールで2日間開催し、約3万人を動員した。2019年6月22日には初となる単独でのドーム公演をさいたまメットライフドーム(西武ドーム)で開催。 ボーカルと作詞作編曲を手掛ける音楽ユニット”After the Rain”では2018年8月にさいたまスーパーアリーナでの公演を二日間開催し、3万6千人を動員。 同年9月発売のアルバム「イザナワレトラベラー」はオリコン週間チャート初登場2位を記録し、日本レコード協会ゴールドディスクを獲得した。 ソロ、ユニットのみならず、自らがオーガナイズする音楽フェス「ひきこもりたちでもフェスがしたい!」も開催。 先行申込数が20万枚を超える人気イベントとして成功させるなどマルチな活動を行なっている。

エムオン・エンタテインメント

【関連記事】