Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナの遺伝子ワクチン候補、最初の臨床試験をクリア、年内に最終段階の可能性も

配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

mRNAワクチンはなぜ有望か、米モデルナ社

 有望な新型コロナウイルスワクチン候補が先日、大きなハードルをクリアした。米モデルナ社が、臨床試験の第2段階をスタートさせたのだ。これはつまり、同社のmRNAワクチンが初期の安全性チェックに合格し、市場に投入されるための重要な節目をひとつ越えたということだ。 図解:mRNAワクチンとは何か  モデルナ社は5月18日、初期段階での結果について、健康な被験者が同社のmRNAワクチンに反応して「中和抗体」を産生したと発表していた。抗体とは、感染を防ぐうえで重要な、いわば免疫系の“衛兵”だ。  ただし専門家らは、中和抗体が確認できたのは、米国立アレルギー感染症研究所の臨床試験に参加した45人のうち8人のみだと指摘していた。またモデルナ社は、第1相試験で単に抗体を作る以上の防御反応があったかどうかを判断できるだけの十分な情報を公開していない。  それでも、公表した詳細な情報と最新の発表内容から、同社がこの先、前例のないことを成し遂げる可能性がうかがえる。世界初となるヒト用mRNAワクチンの承認を得ることだ。 「すばらしい成果です。ワクチンの安全性を示す第1相試験のデータが得られたのですから」。米アイオワ大学薬学部の教授で、薬剤開発者のアリ・セイレム氏はそう語る。  第2相試験は、8つの州の10の地域において、約600人の協力者を対象に行われる。モデルナ社は5月29日、プレスリリースを通じて、各年齢層のグループ(55歳以下と56歳以上の2組)の最初の協力者複数人にワクチン候補を投与したと発表した。

mRNAワクチンとは何か

 病原体が体内に侵入すると、人間の免疫系はすぐに認識して反応する。従来型のワクチンは、不活化したウイルスそのものや、ウイルスを構成するタンパク質を体内に注入してその反応を起こさせる。  こうしたワクチンの開発には時間がかかる。理由のひとつは、特定の方法を用いて病原体を不活化あるいは増殖させたり、タンパク質を分離したりしなければならないからだ。  mRNA(メッセンジャーRNA)とは、DNAと同じく核酸でできた遺伝物質で、細胞内を移動し、体の細胞構造を形成するうえでどのタンパク質を作るべきか最終的な指示を出す。  1990年代初頭、科学者たちは、もしウイルスのDNAとmRNAの断片を製造し、それをヒトの細胞や実験動物に注入したらどうなるだろうかと考えた。細胞がその遺伝子の断片を取り込んで、ウイルスのタンパク質を作り、免疫反応を引き起こすかもしれないと彼らは期待したのだ。  理論上、この方法を用いれば、より迅速にワクチンを作れる。その単位は、数週間ではなく、数時間や数日だ。また、そうしたワクチン候補は、コロナウイルス、インフルエンザ、HIVなど、突然変異によって進化しうる病原体に、より柔軟に対応できる。  mRNAワクチンは、複数の株のウイルスに対して効果を発揮する万能ワクチンにつながる可能性をもっていると、国際ワクチン学会のマーガレット・リュウ氏は言う。  30年前、リュウ氏は研究者としていち早く、DNAおよびmRNAワクチンの使用を試みた。氏が開発したインフルエンザ用の普遍的なDNAワクチンは、初期の結果において、同種のワクチンとして初めて防御効果を発揮し、とくに有望な結果を示した。少なくともネズミにおいては。  総じて言えば、DNAワクチンとmRNAワクチンの開発初期には、薬品開発の「前臨床」段階である動物モデルでは成功例がいくつもあったものの、ヒトにおいては強力な免疫反応を引き出せなかった。 「人間の方が体が大きいせいに違いないと、だれもが考えていました」とリュウ氏は言う。しかし、ウマや魚や、カリフォルニアコンドル用のDNAワクチンが開発されるに至って、そうした仮説は信憑性を失った。  一方、mRNAワクチンは安定性に問題を抱えていた。ワクチンのmRNAは体内に入った後、DNAよりも早く分解されるため、免疫効果が限られる。さらに、mRNAは免疫細胞を刺激し、副作用を引き起こす可能性がある。こうした課題から、DNAおよびmRNAワクチンの使用は長きにわって獣医学の分野だけで使われてきた。

【関連記事】