Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マジョルカ久保建英は“馬車馬”状態…過密日程で酷使の体に悪質ファウルの恐怖

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 スペイン1部マジョルカ所属の日本代表MF久保建英(19)が大忙しである。新型コロナウイルス禍でリーグが中断された後、先月11日に再開された第28節バルセロナ戦から今月3日の第34節アトレティコ・マドリード戦まで<23日間で7試合>の過密日程にあって<全試合に先発出場>とフル回転なのだ。  しかも――。リーグ2位のバルセロナ戦、先月24日の首位レアル・マドリード戦、3位のA・マドリード戦とスペインが世界に誇るBIG3を相手に先発フル出場。最終的に5―1と圧勝した同30日のセルタ戦は前半で3―0と一方的になったにもかかわらず83分までプレーした。そこから中2日で行われたA・マドリード戦はフル出場。攻撃陣の絶対的リーダーとして抜群の存在感を示しているだけに、馬車馬のように働かされている。 「19歳にしてスペイン1部リーグに初チャレンジし、シーズン途中から攻撃陣の主軸を任されている。そのプレッシャーは並大抵ではない」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が続ける。 「再開後のマジョルカは<中2日の強行軍>が続き、久保は毎日のように試合に出て、ぶっ倒れてしまわないか――というイメージでした。久保はマジョルカで攻撃を差配する役割を与えられ、そうなると相手は当然、久保を自由にプレーさせないために<悪質なファウルを仕掛けて止める>ことになる。実際、再開後は足を削られる場面が格段に増え、ケガを負う心配も十分に懸念されます」 ■負けられない一戦ではあるが…  スペイン紙アスが1日に報じた被ファウルの平均時間ランキングによれば、久保は32・91分に1回の割合でファウルを受けているとし、これはスペイン1部リーグで7位に入るという。  久保はFC東京時代から、将来の欧州チャレンジを念頭に置いて体幹トレーニングなどを積極的に取り入れ、中断期間中もフィジカル強化を決して怠らず、再開後は相手選手をフィジカルコンタクトで圧倒する場面もある。前出の六川氏がこう続ける。 「A・マドリード戦で久保が相対したのが、同じ19歳で売り出し中のDFマヌ・サンチェス。身長179センチ、体重70キロと173センチ、67キロの久保よりもデカイ選手に当たり負けしないどころか、何度も吹っ飛ばして後半途中にベンチに追いやった。久保が欧州に渡ってからもフィジカル強化が順調なことをうかがわせた」  とはいえ、過密日程と体格に勝る相手DFの執拗なマークは、成長途上の19歳の肉体に負担をかけるのは確か。久保は9日(日本時間10日午前2時30分キックオフ)に12位のレバンテと対戦する。  降格圏内の18位から脱するために負けられない一戦だが、来季の去就が注目される中、大きなケガだけが心配である。

【関連記事】