Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【セントライト記念】ダノンファスト芝でも速いぞ!砂で全連対 可能性広げる再挑戦

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「セントライト記念・G2」(21日、中山)  成長を見せるダノンファストが、再び芝の舞台に戻って同世代のライバルを相手に力試しだ。デビューからダートを含めて7戦、まだ馬券圏内を外したことのない堅実派。相手強化は承知の上、芝の中距離路線を含め、今後の進路を選択する重要な戦いとなる。  ダートで実績を重ねてきたダノンファストが、菊花賞のトライアルにエントリーした。デビュー戦、2戦目と芝で3・3着。好メンバーを相手に差のない競馬だった。父は04年NHKマイルC&ダービー覇者のキングカメハメハ、母も11年フェアリーSを制したダンスファンタジア。血統背景から芝路線を歩みそうだが、3戦目以降はダート路線へ転向した。  「緩さがあって、さばきも硬かったから無難にダートを使ってきた」と菊沢師。その後は1・2・1・2・1着とオール連対の活躍を続け、「それが思いの外、走ったからビックリだよ」と目を丸くする。前々走の青竜Sでは、次戦のユニコーンSで2着のデュードヴァンに首差2着。「まだヨチヨチした走りで、どうかなあと思ってたから、2着でも、という感じだったね」と振り返った。  19年12月の未勝利戦以来の芝は強敵がそろった。トレーナーは「春に比べて馬体がひと回り大きくなって、だいぶしっかりしてきたからね」と参戦の理由を明かし、「折り合いも問題ないし、右回りの方が手前やバランスの関係から走りが全然違う」と舞台設定にも好印象を抱く。  現時点で本番への参戦予定はないが、今後を占う意味でも重要とみている。「もう少しパワーをつけないと。権利を獲ったら?芝2000メートルあたりの重賞で楽しみが出てくるんじゃないかな」と笑う。デビュー以来、手綱を取る義兄・横山典の手綱で、クラシック最終戦を目指すライバルたちにひと泡吹かせ、自身の可能性を広げる。

【関連記事】