Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<渡邊圭祐>「神木君になりたい」 同じ年の“大先輩”を目標に役者業邁進

配信

MANTANWEB

 新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う“ステイホーム”期間の隣人たちの交流を描いたドラマ「love distance」(全10話)が、6月27日より動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信される。今回は、本作でフォトグラファーの青年・浅野千秋を演じた渡邊圭祐さんが、リモートインタビューで本作の魅力や“役者人生”について語った。 【写真特集】マスクでもあふれ出るイケメンオーラ! 渡邊圭祐のフォトグラファー姿

◇人妻に好意抱くフォトグラファーを「精いっぱいの積極性」で演じる

 ステイホーム期間中の人間関係を描く本作。渡邊さんは「今だからこそできる、今だからこそダイレクトに伝わる作品」と評価し、「隣の人とベランダで会話するなんてことは、今どきあるようでない。夢物語みたいです。『千秋はこういう感じで写真を撮ってるだろうな』といろんな想像をして現場に入っていました」と話す。

 渡邊さん演じる千秋は、仲良し夫婦の滝口彰(清原翔さん)と滝口美和(水川あさみさん)の隣人だ。「千秋はポジティブ。このコロナ禍で仕事ができなくなっている中でも、ふさぎ込まず、屋上やベランダで写真を撮るとか、自分にできることを見つける。そういうポジティブなマインドは自分に似ていると感じました」と役どころを語る。

 一方で千秋は、夫がいる美和に対して、ひそやかに恋心を抱く。「あれが精いっぱいの積極性かなと思う。自分の思いを伝えたい気持ちと、物理的にも倫理的にも距離をとらないといけない面があります。千秋はそこでうまい駆け引きをしています」と言い、相手の水川さんについては「本当に明るい方。スタッフ・キャストみんなを巻き込んで、自分のペースで歩んでいくのがとてもお上手だなと。花みたいで、すごくすてきな方でした」と話した。

 千秋が撮る写真は、空や、ベランダの花に水をやる美和の姿だ。「水川さんって、思わず撮りたくなるんですよ(笑い)。それくらい花との親和性が高い。家庭が想像できて、(花やその空気感に)お似合いだった。作中では、僕視点の美和がけっこうあると思います。そのシーンだけ抜いた話を作ってもいいと思うくらいすてきな絵です。何回でも見て、僕と同じ気持ちを視聴者のみなさんにも味わってほしいです」と本作をアピールした。

【関連記事】