Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

埼玉武蔵HB、田沢純一が入団会見 晴れやかに意気込み、熱心なオファー「このチームでプレーしたい」

配信

埼玉新聞

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズは13日、米大リーグのレッドソックスなどでプレーした田沢純一投手の入団会見を熊谷市内で行った。田沢は大リーグで救援投手として活躍。2013年には71試合に登板し、レッドソックスのワールドシリーズ制覇に貢献した。米国で輝かしい実績を挙げた右腕が、熊谷に拠点を置く埼玉武蔵を新天地に選んだ。 ヒートベアーズ、7人が入団会見 花咲徳栄高・上選手ら活躍誓う 角監督が激励「BCリーグで暴れて」

 田沢は昨年8月、レッズとマイナー契約を結んだが、今年3月に自由契約となっていた。その後、帰国して国内で練習しながら米球界で引き続きプレーすることを模索。だが、新型コロナウイルスの世界的感染拡大のため、契約を目指していたマイナーリーグの今季中止が決まり、新たな所属先を探していた。  社会人野球から直接大リーグ入りしたことで田沢は一定期間、日本のプロ野球球団と契約することを禁じられている。ただ、国内の独立リーグでプレーすることは可能で、34歳のベテランは「コロナでマイナーリーグがなかったりする中で、オファーをもらい率直にうれしかった」と喜びを語った。背番号はレッドソックスでも付けた「36」。  入団の決め手になったのは、角晃多GM兼監督の熱心な誘いだったという。田沢は「毎回コメント付きのオファーをいただいていたので、このチームでプレーしたいという気持ちになった」と説明。会見に同席した角監督は、「まだまだプレーできる選手。力強いストレートが魅力。さらに実績と経験も加わり、投手として必要な要素を持っている」と期待した。

 将来的に大リーグ復帰を目指すのか、また日本のプロ野球でプレーする可能性について問われると、田沢は「まずはチームで頑張ることが大事だと思う。少しでも勝利に貢献したい」と埼玉武蔵での全力プレーを約束。チームが本拠地を置く熊谷については、「(出身地の)神奈川から初めて出るのが埼玉なので楽しみ」と、新生活を待ち焦がれている様子だった。  チームへの合流は、約1週間後となる見通し。 ■田沢一問一答  田沢は晴れやかな表情で意気込みを語った。 ―オファーをもらった時の感想は。  「率直にうれしかった。コロナ(感染拡大)の中でマイナーリーグがなかったりと、居られる場所がない中でのオファーはうれしかった」 ―所属先として埼玉武蔵を選んだ理由。  「僕の残りの野球人生が短いことは自分で分かっている。まずは、いろんな所で投げてみて、評価されたいという考えを持っていた。最後は熱心に毎回コメント付きでオファーをくれた角監督の存在が大きかった」

【関連記事】