Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「パトリックがチームを傷つけた…」ニックスの用心棒オークリーが、ブルズとの93年カンファレンス決勝の敗因を分析

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

 マイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズのラストシーズンを追った『ザ・ラストダンス』。5月3日(日本時間4日、日付は以下同)に公開された第6話では、ブルズが1990年代前期に3連覇をかけて臨んだ93年のプレーオフが描かれていた。 【動画】90年代版のバッドボーイズ?ブルズと死闘を繰り広げたニックスのハイライト  最終的にブルズはファイナルに勝ち進み、チャールズ・バークレー擁するフェニックス・サンズを6戦の末に下し、3連覇を達成したのだが、イースタン・カンファレンス決勝で苦戦を強いられたことも見逃せない。  この年、イーストの頂上決戦を争ったのはニューヨーク・ニックス。前年のプレーオフではカンファレンス準決勝で第7戦までもつれる大混戦となるなか、ジョーダンが42得点、スコッティ・ピッペンがトリプルダブル(17得点、11リバウンド、11アシスト)、ホーレス・グラントが14得点、4スティール、4ブロックと活躍し、ニックスに引導を渡していた。  あと一歩のところで敗れたニックスは、打倒ブルズを果たすべく、シーズン終了後にロースターにメスを入れた。先発シューティングガード(SG)のジェラルド・ウィルキンズと司令塔マーク・ジャクソンを放出し、4度のオールスター出場歴を誇る点取り屋のローランド・ブラックマン、ベテランガードのドック・リバース(現クリッパーズHC)、大柄で身体能力が高いチャールズ・スミスという3人を獲得する。    パトリック・ユーイング、チャールズ・オークリー、アンソニー・メイソンといった屈強なフロントコート陣を擁するニックスは、シックスマンとしてブルズとのシリーズで活躍したジョン・スタークスを先発SGに昇格。ここに新加入のリバースを加えた豪華布陣で92-93シーズンに挑み、名将パット・ライリーHC(ヘッドコーチ)の下、チームはイーストベストの60勝22敗を記録する。  プレーオフに入ってもファーストラウンドでインディアナ・ペイサーズを3勝1敗、カンファレンス準決勝ではシャーロット・ホーネッツを4勝1敗で下し、ブルズとのリマッチを迎えた。  ホームのマディソンスクエア・ガーデンで行なわれた最初の2戦は、ユーイングとスタークスの活躍でニックスが連勝。第2戦残り約1分、ニックス3点リードの場面ではスタークスがグラント、ジョーダン越しに左腕1本の強烈なダンク(通称ザ・ダンク)をお見舞いし、ニックスがシリーズの主導権を握ったかに思われた。  だがホームに戻ったブルズは、第3戦でピッペンが29得点、第4戦ではジョーダンが54得点と大爆発し、2勝2敗のタイに戻した。  勝利したチームがファイナル進出へ王手をかける重要な第5戦は、終盤までもつれる展開となるなか、1点を追う終盤にスミスがリング下でボールを手にする。ところが、ピッペンやグラントなど4本連続でブロックを浴びてしまい勝負あり。続く第6戦もニックスは敗れ、再びブルズの前に散った。  

【関連記事】