Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【いまだからこそ?】メルセデス・ベンツ「124」に惹かれる背景 オーナーが検証してみた

配信

AUTOCAR JAPAN

なぜ今、124シリーズ? 一番の理由は

text:Yasuhisa Shimashita(島下泰久) デビューから実に35年が経つというのに、人気が衰える気配が無いのがメルセデス・ベンツ・ミディアムクラス「124」シリーズである。 【写真】最強「500E」 標準モデルと比べる【ディテール】 (136枚) 中古車市場を覗くと、タマ数はある方だが価格はセダンなら50万円辺りから、ステーションワゴンは最低でも100万円からで、良いものは200万円は見ておきたい雰囲気となっている。 確かにこの頃までのクラシック・メルセデスは、どれもそうやって価値が下がらないのだが、それにしたって驚いてしまう。 他人事のように書いたが、実は何を隠そうわたし自身もこの124シリーズに心酔している1人である。 ずっと乗り続けているわけではなく、2016年に90年式のW124型300Eセダンを購入し、2年後に92年式のS124型300TEステーションワゴンに乗り換えている。 なぜ今、124シリーズなのか。よく訊かれたのだが、まず一番の理由は……カッコ良さだ。 デザインは今見るとシンプルを通り越して素っ気ないほど。直線基調のデザインは端正そのもので、当時は大きく威張っているようにも見えたラジエーターグリルだって、今や小さく感じられる。 質実剛健というか無機質なテイストだが、それが今、却って美しく見える。 誰かが言っていたのは、メルセデスは高級車ではなく高機能車であり、それゆえに年月を経ても古びることなく、むしろ良く見えてくるのだということ。 最新のメルセデスでは、きっとこうは行かないだろうな……。

「こうあるべき」を実直に 徹底的に

カッコいいからだとミーハーなことを言ったが、それは表面的なデザインだけで実現できるものではない。 124シリーズは、そもそもプロポーションが非常に均整が取れている。 セダンもステーションワゴンも、クーペやカブリオレだって体現しているのは「こうあるべき」という形で、余計な足し引きはされていない。 セダンは実直そうだし、ステーションワゴンは積めそう。 そう見えるのは、実際にそのようなクルマとしてパッケージングされているからである。 ドライバーズシートに腰を下ろすと、ここでも「こうあるべき」を実感できる。 ステアリングに調整機構は無いから、シート位置で合わせていくと、ペダルとの距離がしっくり来て、視界も全方位に開けたポジションへと自然と導かれる。 ノーズの先端にはスリーポインテッドスター。これもまた気分をアゲる。 走り出すと解るのだが、これだけ視界が良ければ、ブラインドスポットモニターなんて不要である。 周囲の見えにくいデザインにして、見えにくいからとカメラやセンサーを満載にする今のクルマって……と、誰だって考えさせられるに違いない。

【関連記事】