Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スタート前の反人種差別運動も、次第におざなりに……ルイス・ハミルトンは現状に不満「F1がより良いプラットフォームを提供して欲しい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
motorsport.com 日本版

 2020年のF1開幕戦オーストリアGPと第2戦シュタイアーマルクGPでは、20人中14人のドライバーがスタート前にグリッド上で膝をついた。このポーズは反人種差別を訴えるメッセージのひとつとして用いられているものだ。 【比較画像】ルノーが再度抗議中。レーシングポイントRP20とメルセデスW10のブレーキダクト  第3戦ハンガリーGPでも、ドライバーたちが再び『End Racism(人種差別を終わらせる)』と書かれたTシャツを着用し、表彰台の前に集まったが、膝をつく者とつかない者で意見が割れる形となった。  F1ドライバーの先頭に立って人種差別への抗議を続けているルイス・ハミルトン(メルセデス)はこういった状況を受けて、人種差別を非難してF1の多様性を向上させるために、F1はドライバーにより良いプラットフォームを与えてほしいと要求した。 「僕たちはF1がより良い仕事をするために、彼らと話をする必要がある」とハミルトンはレース後のインタビューで語った。 「(スタート前は)かなり慌ただしかったよ。僕はマシンから降りて走っていって、すぐに膝をついたんだ」 「なぜ彼らが最初のレースの時にしか(抗議運動のための時間を十分確保)しなかったのか分からない。彼らは人種差別をなくすため、多様性を持たせるために戦っていると言ってきたのに、それを続けるためのプラットフォームを与えてくれないんだ」 「とにかく急かされているので、もっと時間を与えて欲しいと思っている。僕が彼らにメールか何かを送って、数日以内に話してみる。そして何らかの調整ができないかやってみるよ」 「彼らもそうすることを望んでいたみたいだけど、十分なコミュニケーションが取れていなかったみたいだ」  ハミルトンはまた、GPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)の理事を務めるロマン・グロージャン(ハース)が膝をつき続ける必要はないと考えていることを明かし、ハンガリーGPのドライバーズミーティングでもこのことが議題に挙がらなかったと話した。 「彼はそれが重要なことだとは思っていない」とハミルトン。 「彼は一度やればそれで十分だと思っているドライバーのひとりだ」 「僕たちはこれからも戦い続けなければいけないし、問題は解決した訳ではないから、それについて彼と話そうとした」 「今回彼はドライバーズミーティングでそれについて一切触れなかったと思うし、セバスチャン(ベッテル/フェラーリ)も何も言わなかった。セバスチャンと僕はメッセージのやり取りをしたんだけど、彼は僕と同じように、それを続けることの重要性を主張していたよ」

Luke Smith

【関連記事】