Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ゆるキャラっぽさ」捨てたハスラーの快進撃は続くか

配信

NIKKEI STYLE

国内累計48万台と想定外のヒットを飛ばした軽SUVのハスラーが、2020年1月にモデルチェンジした。人気モデルの後継車は、どのくらい新しさを盛り込むのか、さじ加減が難しい。果たして新型ハスラーは、先代同様の人気を維持し続けられるのか。新型に潜む意外なリスクを、小沢コージ氏が指摘する。

■初代ハスラー担当デザイナーの本音

「2代目は少しタフで大人っぽくなりましたね。初代は味付けが多少甘過ぎたかな?と思っていましたが、そこが払拭されました。半面、分かりやすい「かわいげ」が無くなりましたが、そんなものは、このジェンダーレスの時代にはお呼びでないのかもしれません(笑)」と小沢に語ってくれたのは、初代ハスラーのデザインを担当した元スズキのH教授。この言葉は、案外本質を突いているのではないかと小沢は考える。 そんな新型ハスラーだが、滑り出しは好調だ。今後は新型コロナウイルスの影響で台数が落ちるに違いないが、20年3月の軽自動車販売ランキングでは月販1万台を超え、総合6位にランクイン。高いルーフとヒンジドアを持つ軽トールワゴンの中で比べても、ダイハツ・ムーヴ、日産・デイズに次ぐ位置につけ、このジャンルの元祖であるスズキ・ワゴンRを完全に食っている。 新型の人気の要因のひとつには、新世代プラットホームをベースに大幅強化したボディーと、それらがもたらす進化した質感がある。スズキ初の構造用接着剤や高減衰マスチックシーラー(振動低減効果がある接着剤)を使い、アッパーボディーには環状骨格構造も採用している。その結果、走りのしっとり感や剛性感は旧型とは雲泥の違いで、走り始めから高級感が伝わってくるし、静粛性も向上した。 エンジンとギアボックスのCVT(無段変速機)も新設計。エンジンはロングストローク化して、同社の軽自動車では初のデュアルインジェクションを導入。効率アップを目指した結果ノンターボの出力は49馬力に落ちたものの、不足分をマイルドハイブリッドで補うことで、走りと燃費を見事に両立させている。

【関連記事】