Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高校野球甲子園交流試合 注目の試合&選手ピックアップ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校生新聞オンライン

令和となって、最初の選抜高校野球は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止となった。さらに夏の選手権も中止となって打ちひしがれた球児たちだった。しかし、その救済となる代替大会が各地で独自に開催され、選抜代表校の交流試合が阪神甲子園球場で開催されることとなった。交流試合の注目試合をピックアップしてみた。(文・手束仁、写真・ジャスト・プランニング)

昨夏の甲子園決勝と同じ「履正社VS星稜」に注目

何といっても注目は、昨夏の甲子園決勝と同一カードとなった履正社(大阪)と星稜(石川)の試合だろう。昨夏の優勝校の履正社は昨夏の経験もある岩崎竣典(3年)はじめ選手個々のポテンシャルは高い。

これに対する準優勝校の星稜は、昨秋の北信越大会を制し、荻原吟哉(3年)と内山壮真(3年)のバッテリーらの経験値が高い。荻原は、丁寧に低めに球を集められる制球力が魅力。2年生のときから北信越大会などでも好投しており、ピンチでも落ち着いた投球が光る。

履正社とともに、大阪の雄でもある大阪桐蔭(大阪)と東海大相模(神奈川)の試合は「東西の横綱対決」と、今大会最大の注目試合と見る人も多い。毎年、夏の選手権前に最後の仕上げの腕試しの試合を組んでいる間柄で、監督同士も同級生という縁もある。

評判の高い近畿勢だが、明石商業(兵庫)は桐生第一(群馬)と対戦する。昨年は春夏4強の明石商業だが、エース中森俊介(3年)と来田涼斗(3年)の投打の軸が残ってチームの核となっている。

秋季近畿大会を制した天理(奈良)は明治神宮大会でも準決勝進出を果たしている。秋季奈良県大会3位から勝ち上がった天理だが、庭野夢叶(3年)と193センチの達孝太(2年)の両投手は、そうは打ち込まれないだろう。

庭野は、強気の投球で打者の内側に投げ込んでいく度胸の投球も魅力だ。達は、近畿大会決勝では大阪桐蔭を8回途中まで1失点に抑えて自信を得ている。冬のトレーニングで下半身を鍛えて充実してきて春を迎えることで、さらに球威も増してきているだけに期待も高い。

【関連記事】