Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

堀江貴文「自粛先輩と呼べ」箕輪厚介、ホリエモンにオンライン飲みを拒否される?

配信

TOKYO FM+

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」4月30日(水)のお客様は、幻冬舎・編集者の箕輪厚介さんとお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんです。今改めて注目される「オンラインサロン」「クラウドファンディング」について、絵本「えんとつ町のプペル」の今後の展開など、親交の深い2人による「ここでしか語れない」話とは?

◆ウィズコロナで変わっていくものと変わらないもの

西野:Zoomとかって(喋りの)音の取り合いになるから、笑いの量が減りますよね。 箕輪:そうなんだよ(笑)。 西野:かぶって笑えないことになりますもんね。 箕輪:Zoomで疲れるのは、間をずっと気にしてるところ。一瞬ズレるから、「あ、今話すのをやめよう」「今待とう」とか。 西野:分かる。で、バトンを渡されている感じがするから、回ってきたバトンのときに、ちょっとでもいいことを言わなきゃいけないみたいな。 箕輪:そうそう。ちょっと不自然なんだよね、Zoom飲みって。だから普通に会っていることの楽しさっていうのは、やっぱ半端ないなって。逆に価値が上がってる。 西野:分かる。 箕輪:だからやっぱり“場所”に戻るんだろうね。 西野:場所に絶対戻っていくと思いますよ(笑)。何か誰かが言っていたんですけど、思ってるほど変わらないっていう。 箕輪:ウィズコロナとか言っても。 西野:思ってるほど変わらないだろうなっていう。ある程度は変わるところはあると思うんですよ。例えばレンタル会議室とかはちょっと難しくなってくると思うんですね。あのZoom会議の良さを知っちゃったから。例えばそうだな……。 箕輪:出張とかもなくなるよね。 西野:なくなるものはいくつかあると思うんですけど、飲食店は出前とかで大体出来てなくないですか? 箕輪:いや、最初、出前っていいなって思ってたけど、やっぱり外食がいいのよ。 西野:外食ね。 箕輪:何なんだろう。外食の方が美味しいし、やっぱり集まって笑ったりして食べると本当に楽しいよね。 西野:確かに。そこに帰っていくんだろうなとは思ってます。 箕輪:この前ホリエモン(堀江貴文)に会ったときに、「スナック箕輪」(参加型ライブ配信を)をやっていて、今みんな暇だから、本田圭佑でも誰でもLINEすると意外と来てくれて。でもホリエモンだけ断られたんですよ。 西野:はいはい、何で? 箕輪:「オンライン飲みとかまじ興味ない」って言われて。そうしたら「お前、俺ライブドア事件のときに死ぬほど自粛してたから、自粛先輩と呼べ」みたいな感じで(笑)。自粛先輩が言うには「お前、オンライン飲みとか俺は死ぬほどやったけど、絶対に飽きるぞ」と。 西野:もう先輩は通ったんですね、そこは。 箕輪:そう。「あー説得力あるなあ、先輩」って思って。 西野:飽きるんだな。 箕輪:うん、飽きるんじゃないかな。やっぱりテクノロジーが多分進化して、Zoomとかももっとリアルなものに近づいて、仕事の会議とか打ち合わせもどんどん代替されていくけど、「心の充足」や「エンタメ」といったものは、Zoomとかが発展すればするほど、逆に「代替されないな」って証明されていくような気もする。 (TOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」4月30日(木)放送より)

【関連記事】