Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

軽井沢「ピッキオ野鳥の森」で虫好き息子と自然体験!大人も大満足のドライブ旅へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

動物や虫が大好きな5歳の息子。でも住んでいるところではあまり自然に触れ合うことができず、公園に出かけても虫を探してキョロキョロするばかり。少しでも虫の思い出を作ってほしくて、軽井沢にある野生動植物が息づく森へ出かけてきました。

森に入った瞬間、息子待望の虫が!

試乗会で借りた「マツダ CX-30」で向かった今回の軽井沢旅。せっかく自然あふれる場所へ行くので、息子の好きな虫や動物に触れ合える場所へ、と「国設 軽井沢 野鳥の森」に足を運びました。

こちらは年間約80種類の野鳥のほか、ツキノワグマなどの野生動植物が息づく場所。ガイドさんの案内のもと様々なプログラムが体験できます。今回は通年開催され、未就学児も参加できる「ピッキオ」の「野鳥の森ネイチャーウォッチング」を楽しみました。 「ピッキオ野鳥の森ビジターセンター」に集合してからネイチャーツアーはスタート。

子どもたちは初めての双眼鏡に興味津々。

いざ、ガイドさんの案内のもと森の中に入っていきます。

夏の盛りだったので、緑が濃い! 生い茂った木々が陰を作ったおかげで30℃近い日でもずいぶん過ごしやすい、などと思っていると、早速虫が飛んできて息子の手に。

テンションの上がった息子は「これなんていう名前?」と尋ねてきますが、虫の知識がほとんどない私はモゴモゴするばかり。すかさずガイドさんが「これはキマワリだよ」と助け舟を出してくれ、キマワリについていろいろと説明をしてくれました。 さらに森の奥に進んでいくたびに見つけた珍しい虫や花をクイズ形式で紹介。子どもたちも熱心に話を聞いていました。

森に棲む動物の痕跡があちこちに

今回のツアーでは実際の動物を見ることはできませんでしたが、獣道を行き交う様々な動物の動画を見せてくれました。シカ、タヌキ、キツネ、クマ、イノシシ、ウサギ、サル、カモシカ……こんなにたくさんの動物がこの森に棲んでいるんですね。

動物の痕跡でいうと、ツキノワグマが登ったサクラの木なんてものも。幹に生々しい爪の跡が残っています。

【関連記事】