Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プレイングマネージャーの今が楽しい! チームマネジメントは「褒める」「期限を設ける」で円滑に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

上司も部下も海外にいるという、エクスペディアのアジア圏のSEOチームを率いる田中樹里氏。各国に散らばる部下をどうマネジメントするべきかを考えるのが楽しいと語る。サイバーエージェントでSEOを担当後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ。帰国後にエクスペディアに入社し、今年で10年目になる。 「英語」「SEO」「自己主張」「あきらめ力」「部下の褒め方」など、その時々で身につけてきたスキルをあげながらお話しいただいた。 Webが一般に普及してすでに20年以上が経つが、未だにWeb業界のキャリアモデル、組織的な人材育成方式は確立していない。組織の枠を越えてロールモデルを発見し、人材育成の方式を学べたら、という思いから本連載の企画がスタートした。連載では、Web業界で働くさまざまな人にスポットをあて、そのキャリアや組織の人材育成について話を聞いていく。  

「プログラミングを仕事に」で選んだキャリアのスタート

林: Webに触れたきっかけから教えてください。 田中: 高校生くらいの時に、親がパソコンを購入して、自分でも掲示板などを作りたいなと思って、独学でHTMLを学んだのが最初です。はっきり覚えていないのですが、1999年くらいのことだと思います。友達がチャットルームを作ったので、一緒にやったりしていました。 数学と化学が好きだったので大学は理系に。薬剤師の道も考えたのですが、仕事にするならプログラミングがいいなと思って、情報科学科に進学しました。 林: 大学に入って、実際にやってみていかがでしたか? 田中: プログラミングはこうやったら、こうなる、という答えがはっきりわかるところが好きでした。 林: 大学を卒業してサイバーエージェントに入社したのは、大学の専攻からの自然な流れで興味をもたれてのことですか? 田中: プログラミング技術を活かしつつ、人と関わる仕事に就きたかったんです。といっても当時は、あまり絞り込んで何か目指してという感じでもなかったのですが、やりたいことの両方ができるということで、サイバーエージェントに入社しました。 森田: 現在はエクスペディアのアジア圏のSEOを統括する立場にいらっしゃいますが、最初からSEOに関心があったのですか?

【関連記事】