Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「彼氏以外の男子へのボディタッチで…」小島瑠璃子の地元・千葉に轟くモテ少女伝説《青春時代の18枚》

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 人気漫画「キングダム」(集英社)の作者・原泰久氏(45)との交際が発覚した“こじるり”ことタレントの小島瑠璃子(26)。超売れっ子漫画家と人気タレントの19歳差カップル誕生に、SNSを中心に驚きの声が上がっている。 【画像】ジャングルジムでポーズ。こじるりのヘルシー美少女時代  交際が発覚したきっかけは「週刊ポスト」(8月14日・21日号)だ。多忙を極める小島が原氏の住む福岡へ足を運び、そのまま原氏の自宅に2連泊する様子が報じられている。2人は腕を組んで博多の街を散策し、縁結びのご利益がある志賀海神社に参拝。報道後、ラジオ番組「さまぁ~ず 三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!」(ニッポン放送)で、三村から報道について聞かれた小島は「その通りです」と原氏との交際を認めた。

こじるりが原氏との交際を認めたワケ

「2人は2018年11月に『世界ふしぎ発見!』(TBS系)での共演を機に出会い、連絡先を交換。小島さんから猛アタックして、今年の春から交際に発展したそうです。小島さんは2014年にモデルの呂敏(30)と、2017年には関ジャニ∞の村上信五(38)との熱愛が報じられていますが、いずれも『友人の1人』と回答していただけに、今回はかなり本気のようです。原さんはすでに離婚していますが、元妻との間に3人の子どもがいます」(スポーツ紙記者)  原氏が執筆する「キングダム」は、2006年に「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載がスタート。現在までに68巻の単行本が刊行され、累計発行部数6600万部超のメガヒット漫画だ。2019年には山﨑賢人主演で実写映画化され、興行収入は57億円を突破。すでに続編の制作も決定している。 「週刊文春」(2020年9月3日号)では、原氏は前妻との離婚後にグラビアアイドルA子さんと交際しており、小島の“略奪愛”の可能性についても報じている。  かねてより“キングダム・ファン”を公言していた小島。意中の人気漫画家を射止めた “モテ力”のルーツはどこにあるのだろうか――。

【関連記事】