Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乃木坂46与田祐希、“中身”とのギャップに「地元の友達から『全然キャラ違うね』って」<Interview>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

登場キャラクターたちの“脱ぎっぷり”がすご過ぎて衣装の面で実写化が難しいと言われていた原作:井上堅二、漫画:吉岡公威の同名漫画がまさか(?)の映画化。 【写真を見る】まさに“天使の寝顔”与田祐希のスヤスヤ風SHOT 竜星涼と犬飼貴丈のW主演による“全力脱衣系”青春コメディー「ぐらんぶる」が8月7日(金)より全国公開される。 離島にある大学を舞台に、超ブッ飛んだダイビングサークル「ピーカブー」に入部してしまった男子大学生たちの想像を絶する前代未聞のキャンパスライフが展開。男女共に個性的なキャラクターたちが続々登場する。 WEBサイト ザテレビジョンでは、竜星扮(ふん)する主人公・伊織のいとこである千紗を演じる乃木坂46・与田祐希にインタビューを実施。映画初出演で苦労したことや撮影現場での楽しいエピソード、印象に残っている夏の思い出などを語ってもらった。 ――これまで、乃木坂46のドキュメンタリー映画に“出演”したことはありましたが、女優としては今作が映画初出演。オファーを受けた時の感想は? 最初は作品の世界観に付いていけるか不安がありました。映画出演は初めてだったので全然想像できなかったんです。でも、頑張ってやるしかないという気持ちで撮影に臨みました。 ――撮影現場の雰囲気は? 監督やスタッフの皆さん、そして共演者の方たちが優しくて和気あいあいとした現場でした。すごく刺激的でもあるし学ぶこともたくさんあって、今振り返っても充実した毎日だったなと思います。 ――初めての映画撮影でしたけど楽しみながら演じられたんですね。 現場に入ると「楽しい」という気持ちが日に日に大きくなっていきました。難しさの中にも面白さを見つけられたような気がします。 ――映画の内容についてほぼ裸の男性がたくさん出ると知った時はどう思いましたか? 最初はソワソワするというか刺激が強いなっていう感じだったんですけど、恐ろしいことに段々慣れてきちゃって(笑)。朝の5時から撮影があった時に、まだ眠いなと思いながら現場に入ったら男の人が服を着ないで筋トレをしているんですよ。 その姿を見たら目が覚めました(笑)。皆さんが当たり前のように裸だったので、どんどん違和感がなくなっていったことが怖かったです。 ――今回、演じた千紗はどんな女の子ですか? 千紗はギャップがある女の子。結構言葉がキツかったり、どこか冷めた目をしていたりするけど誰よりも海が好き。海のことやダイビングの話をしている時はキラキラしていてとても楽しそうなんです。そういうかわいらしいところもある千紗はすてきだなと思いました。 ――自分と似ているなと思ったところはありますか? 私が生まれ育った福岡県の志賀島も海がすぐそばにあって、夏になるとよく泳いでいました。海が大好きだというところは千紗と似ているかもしれません。 ――千紗を演じる上で難しかったところは? 男の子たちを踏んだり殴ったり…、日常的にすることではなかったので(笑)すごく難しかったです。原作の漫画を読んで自分なりにイメージしたり、共演者の方たちに助けてもらったりしながらいろんなバージョンを試してみました。 監督から「自由に動いていいよ」とアドバイスを頂いたので、自分としてではなく千紗として思うままに動いて何とか形になったのかなと思っています。 ■ (竜星&犬飼は)やっぱり足が長いなって(笑) ――撮影全体で苦労した点は? バットを振り回したり、飛び蹴りをしたり、アクションシーンは苦労しました。 基本的なことから教えていただいて、見え方などをいろいろ試しながらやってみましたけどすごく難しかったです。 ――点数をつけるとしたら…? 耕平役の犬飼さんから「想像以上に強くてビビッた」と言われました(笑)。申し訳ないなという気持ちがありましたけど、それだけ強くできたのかなと思います。 ――劇中では個性豊かな男性キャラがたくさん登場しますが、主人公の伊織を演じている竜星涼さんと、耕平役の犬飼貴丈さんの印象は? お二人共、明るくて優しい方。やっぱり足が長いなって思いました(笑)。千紗は伊織に対して強気な態度を取ることが多いですけど、現場での竜星さんはとても頼りがいがあるというか安心して付いていける感じ。すごく心強かったです。裏表がない真っすぐなところは伊織と似ているのかなと思いました。 犬飼さんは面白くて、どこか不思議なところがある方という印象。耕平もミステリアスな感じがするので、そこは共通している部分なのかもしれません。 ――千紗の姉・奈々華役の朝比奈彩さんをはじめとする女性陣の印象は? 皆さんホントにお姉ちゃんみたいな感じでした。劇中で姉妹という関係性だった朝比奈さんはいつも私のことを「よしよし」みたいな感じで愛でてくださって。すごくうれしかったです。 小倉優香さんと石川恋さんは同級生という設定。実際に年齢もそんなに変わらないんですけどたくさんかわいがってもらって、毎日愛に包まれた現場でした。 ――ダイビングシーンが作品の見どころの一つですが、もともとライセンスを取得していたそうですね? (撮影の)2年ぐらい前に番組の企画でライセンスを取ったんです。でも、それ以来潜っていなかったので、海の中で立ったり止まったりすることがなかなかできなくて苦戦しました。ダイビングの機材もすごく重かったです。 ――ダイビングの魅力はどんなところだと思いますか? 水中で息ができるって夢みたいだなって思います。それと、今まで見たことがない世界を見られるところが魅力的です。 ――今後、潜ってみたい海は? いっぱいあります。透き通ったきれいな深い海……ってどこだろう(笑)。海外の南の島に行って潜ってみたいです。  ――劇中に登場する「ピーカブー」はかなりクセのあるダイビングサークルですけど、もし入れるとしたらどんなサークルに参加してみたいですか? 大学に行ったことがないので全然想像できないんですけど、もし「ピーカブー」みたいなサークルがあったらちょっと体験入学してみたいです。 ――ハチャメチャなサークルというイメージがありますが大丈夫ですか? 確かにいろいろ不安はありますけど(笑)、その時だけしかできないことかもしれないと思ったらそれも青春かなと。今しかできないことを全力で楽しんでいる。それはとてもすてきなことだなと思います。 ■ 地元の友達から「全然キャラ違うね」って ――「夏」と聞いて思い出す青春エピソードは? 乃木坂46に入ってからは毎年の「真夏の全国ツアー」が一番の夏の思い出。夏が来たって感じで私にとっての青春です。 中学生の頃は部活ばかり。真っ黒に日焼けしていました。練習がものすごくキツかったですけど今となればいい思い出です。 ――千紗はギャップがある女の子ですが、与田さん自身は? 私は高校1年生の時に乃木坂46に入ってアイドルとして芸能活動を始めたんですけど、上京してしばらくたった頃に地元の友達から「全然キャラ違うね」って言われました。 みんなから「中身はおっさんのクセに」ってめっちゃツッコまれて…恥ずかしかったです(笑)。 ――“中身がおっさん”というワードが気になりますが(笑)。 地元の志賀島(福岡)では木に登ったり、裸足で遊んだりしていてみんなから“野生児”と言われていました。忘れ物をしたりして先生によく怒られていたので全然アイドルという感じではなかったんです。 ――ダイビングの話をしている時の千紗はものすごく楽しそうですけど、与田さんがつい夢中になって話してしまうことは何ですか? 焼き肉とか、食べ物の話をしている時かもしれません。 ――焼き肉屋さんで必ず食べるメニューは? ハラミ、ホルモン、タン、カイノミ、赤身のヒレetc…、赤身の肉はよく食べます。 ――タレ派、塩派だったら、どっち? ホルモンは塩。ハラミとかはタレ。でも、塩で食べることもあるので、お肉を見てからどっちにするか決めます。 ――ここ数カ月は“StayHome”期間で家にいることが多かったと思いますが、何か新しく始めたことはありましたか? DIYに目覚めました。今までは全然興味がなかったですし、面倒くさくて何もしていなかったんですけど、サンプルを取り寄せて床や壁紙を変えたり、台所の一番高い場所にある電球を取り替えたり、命懸けで作業していました(笑)。 ――今回の作品では普段はクールだけどダイビングについて話す時は優しいという“クーデレ”キャラを演じましたが、今後挑戦してみたい役は? たくさんあるんですけど、強いて挙げるとしたらすごく怖い役。ヤンキーや、人として怖いキャラクターに挑戦したいです。いろんな姿を見せられるように頑張りたいです。 (ザテレビジョン・取材・文=小池貴之)

【関連記事】