Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西鉄、最終赤字74億円 4-6月期連結、社長「企業が存続できるかの正念場」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
qBiz 西日本新聞経済電子版
西鉄、最終赤字74億円 4-6月期連結、社長「企業が存続できるかの正念場」

4~6月期決算について説明する西日本鉄道の倉富純男社長=6日、福岡市

 西日本鉄道(福岡市)が6日発表した2020年4~6月期連結決算は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う鉄道・バスの旅客減やホテルの不振などが響き、純損益は74億9600万円の赤字(前年同期は21億1500万円の黒字)だった。純損益の赤字幅は四半期決算の公表を始めた03年度以降で最大。倉富純男社長は「企業として存続できるかの正念場。事業の選択と集中を進める」と危機感をにじませた。

本文:1,074文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込55
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    qBiz

    qBiz 西日本新聞経済電子版の有料記事

    PayPay残高使えます