Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナウイルス感染拡大を警戒し、メットガラの開催を「再検討」

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

先週はじめ、恒例のメットガラは開催される予定だと発表されたが、メトロポリタン美術館(MET)のスポークスパーソンが、4月3日以降に予定されているイベントはすべて“再検討”の対象だと語った。それまでに予定されているイベントはすべてキャンセルされた。 【写真】メットガラに一度も出席したことがない大物セレブ5人 新型コロナウイルスのパンデミックにより、メトロポリタン美術館は一時的に閉鎖を余儀なくされた。3月13日現在、メトロポリタン美術館のすべての建物(5番街のメトロポリタン美術館とMETブロイヤー、METクロイスターズ)はニューヨーク市の感染拡大防止策に協力して閉館されている。 「美術館は全館完全に清掃を行い、来週(実際には今週)早々には次にとるステップが発表される」と、積極的な予防策となる措置をとることを文書で発表。MET館長でCEOのダニエル・H・ワイスは、美術館に関係した感染者は確認されていないが、「人の集まりを最小限にしたい」と繰り返し述べている。

続いて、2日前にメットガラは予定通り開催されるとプレスに再確認したばかりのコスチューム・インスティチュートのチーフ広報渉外マネージャー、ナンシー・チルトンからも、新たな発表があった。 「現在、4月3日まですべての美術館関連のイベントは中止されます。公衆衛生が不確実な状況であることを踏まえ、4月3日以降の美術館関連のイベントについては状況を見て中止あるいは延期を再検討します。最善の結果が出るよう期待していますが、公衆衛生と安全を私たちは最優先に考えています」 スターが勢揃いするメットガラは、毎年5月の第1月曜日に開催され、普通、日にちが変更されることはない。招待者のみ(チケット1枚3万5000ドルを払った人)のイベントで、多忙なスケジュールを持つ何百人ものゲストに合う新たな日程を見つけるのは不可能なことのように思われる。しかし、イベントの収益がその年のコスチューム・インスティチュートの資金となることから、オーガナイザーは何らかの解決策を見つけ出す必要がありそうだ。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper's BAZAAR UK

【関連記事】