Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“こうり”?「胡瓜」の正しい読み方は? 夏野菜の一つでもあり、ある妖怪の好物です【脳トレ漢字】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

最近、パソコンやスマートフォンの普及により、自ら字を書く機会はめっきり減少してきました。その影響からか、「読めるけれども、いざ書こうとすると書けない漢字」が増えていませんか? 以前はすらすらと書けていたのに、と書く力が衰えたと実感することもありますよね。 脳トレ動画はこちら→“こうり”?「胡瓜」の正しい読み方は? 夏野菜の一つでもあり、ある妖怪の好物です 動画を見ながら漢字の読み書きをすることで、脳のトレーニングとなります。また、この記事を通じて、読むこと・書くこと・漢字の意味を深く知り、漢字の能力を高く保つことにお役立てください。 「脳トレ漢字」第6回目は、「胡瓜」をご紹介します。今回の動画は、夏らしい特別バージョンでお届けいたしますので、ご視聴もお楽しみください。 脳トレ漢字の動画を楽しみながら“読んで書く”ことで、記憶力を鍛えながら、漢字への造詣を深めてみてください。

■「胡瓜」は、なんと読む?

この”胡”と”瓜”を組み合わせた熟語、「胡瓜」は日常でよく使う食材であり、夏野菜の一つです。読み方に心当たりはありますか? 河童の大好物といえば… 、もうおわかりですね。 正解は… 「きゅうり」です。 「きゅうり」はなぜ「胡瓜」と書くようになったのでしょうか? 続いての項目では、由来についてご説明をいたします。

■胡瓜の由来とは?

私たちが食す「胡瓜」は緑色ですが、熟すと黄褐色になることをご存知ですか? このことから、日本では伝来当初「黄瓜」と表記していました。江戸時代から表記を「胡瓜」とあらためています。 ではなぜ、「黄」ではなく「胡」という漢字が使われるようになったのでしょうか? 「胡瓜」は中国語の表記そのものです。「胡」という漢字は、古代中国において、北方・西方の異民族の称でした。そして、シルクロードを渡ってきた異民族由来のものであることを示す際にも「胡」という漢字が使われたのです。 「胡」がつく漢字は他にも「胡桃(くるみ)」、「胡椒(こしょう)」、「胡麻(ごま)」などが挙げられますね。いずれもシルクロードを渡って、中国へもたらされたことを示しています。

【関連記事】