Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『3』に垣間見える悪玉っぷりに思うキリンジのロックバンドとしての肝

配信

OKMusic

堀込高樹率いるKIRINJIが今年いっぱいでバンドとして活動を終了して、メンバーを固定せず、[堀込高樹を中心とする変動的で緩やかな繋がりの音楽集団(現在のメンバーも含まれます)として活動する]と発表([]は公式サイトから引用)。このコロナ渦で、当初2~3月に予定されていた現メンバーでの最後の全国ツアー『KIRINJI TOUR 2020』は延期となっているものの、そうしたKIRINJIの状況変化に加えて、今月は堀込泰行の新作『GOOD VIBRATIONS 2』もリリースされたことだし…ということで、今週の邦楽名盤は彼らの作品の中からピックアップしてみた。

不滅の名曲「エイリアンズ」

キリンジ(現KIRINJI)の代表曲と言えば「エイリアンズ」だし、その「エイリアンズ」が収録されているのが3rdアルバム『3』なので、当コラムとしては『3』をキリンジの名盤としてチョイスした。まず、このシングル「エイリアンズ」。2017年にLINEモバイルのCMソングに起用されたことで(のんがカバー)、発表から15年以上を経て再びスポットが当てられた…というような言い方をされているようだが、失礼を承知で記すならば、“再びスポット”との言い方は正確ではなかろう。シングルがリリースされたのは2000年の時点では、チャートリアクションは最高位42位で、登場回数もわずか2回だけだったというのが公式記録である。正直言ってシングル曲としてヒットしたとは言い難い。ゆえに15年以上を経て初めてスポットが当たったと言ってもいいのではないか──そう思われる貴兄もいらっしゃるかもしれないが、それも違う。2017年以前も、タイアップこそなかったものの、この楽曲は多くのアーティストにカバーされている。有名なところでは、秦 基博がシングル「アイ」(2010年)のカップリングに収録したものや、ハナレグミがカバーアルバム『だれそかれそ』(2013年)に収録したバージョンだろうか。音源にはなっていないが、田島貴男や女優の杏、星野源などがカバーしており、業界内で「エイリアンズ」はずっと名曲認定されていたと言える。チャートリアクションがどうだったかとか何万枚売り上げたかとかにかかわらず、いい楽曲は15年経とうが20年経とうが、闇に葬られることはないのである。 実際、『3』収録M6「エイリアンズ」を聴き直してみても極めて優秀な楽曲であることが分かる。まず、そのメロディーの秀逸さは誰もが認めるところなはず。だからこそ、今まで多くのアーティストが歌いたいと希望したのであろう。たおやかでありつつ、しっかりとキャッチーなサビも印象的なのだが、サビへとつながるBメロもいい仕事をしている。ドラマチックさを助長しているのは間違いなくBメロの功績だと思う。サビ終わりに転調する箇所があるのだが、ここには歌詞がなくてスキャットにしているという巧妙さも心憎い。仮にあそこに歌詞を置いてちょっと尺を長めにとっていたとすると、作者がそう意図せずとも“ここは重要ですよ”と受け取られかねないパートになって、少なくとも楽曲の世界観は今と違ったものになっただろう(と勝手に解釈)。サウンドには派手さはない。現在の流行歌に比すれば地味となるのは当然としても、当時でも地味な部類に入るだろう。これが発表された2000年と言えば、[前年にブレイクを果たした宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、椎名林檎、aiko、さらに倉木麻衣らを加えた女性ソロシンガーの全盛期]だった年である([]はWikipediaからの引用)。また、つんく♂プロデュースによるモーニング娘。関連もヒットを連発。その一方で、この年にはサザンオールスターズの「TSUNAMI」、福山雅治の「桜坂」といったミッドチューンが特大ヒットを記録しているから(この2曲が2000年の年間シングルチャートの1、2位)、決して当時の流行歌の全てが煌びやかなサウンドをまとったものばかりだったわけでもなかろうが、それにしても「エイリアンズ」はどう聴いても派手さはない。2番からギターがやや強めに聴こえてくるものの、どのパートが突出しているわけではない。そのサウンドは全体にかなり抑制が効いている。これは明らかに意図的であろう。アルバム『3』全体を通して聴くと余計にそんなふうに思う。

最終更新:
OKMusic