Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

卓球のフェース使いにヒントあり!? 星野陸也の飛んで“曲げられる”スウィング

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

国内男子ツアー再開初戦「フジサンケイクラシック」でプレーオフの末に勝利を挙げた星野陸也。「ZOZOチャンピオンシップ」への出場も決めたそのスウィングをプロゴルファー・中村修が解説。 星野陸也のドライバー連続写真はコチラ

オフの“卓球トレーニング”でフェース面の使い方をつかむ

8カ月ぶりの開催となった国内男子ツアー。長いオフの期間にトレーニングを積み、スウィングを磨いてきた効果が出た、星野陸也選手のプレーでした。 24歳にして早くも通算3勝目になりますが、この優勝で10月22日から米カリフォルニアで開催される「ZOZOチャンピオンシップ」の出場権も手にしました。 オフの間に卓球台を購入し、ボールにどうやってスピンをかけるのかつかんだといいます。そういった言葉を聞くと風やピン位置によってドローやフェードを駆使してコースを攻略するプレースタイルにも納得できます。そのスウィングを詳しく見ていきましょう。

安定感ある深いトップで飛距離と安定性を両立させている

まずは画像Aをご覧ください。オーソドックスなスクェアグリップで握り、足裏全体でどっしりと構え、重心が低くなり過ぎないようにてしいます。 飛ばし屋の星野選手ですが、腰を後ろに引くように使うことで、大きく深いトップをとるのが特徴です。フェアフェイをキープしようとすると、コースではなかなかここまで深いトップは取れないものですが、体のブレもなく切り返しのタイミングも安定していることで飛距離と方向性に優れたドライバーショットを持っています。

画像Bはトップ(左)と切り返し(右)の比較画像です。見比べてみると、右写真で左へと踏み込み、ヘッドを少し置き去りにするように下半身の回転を使って切り返していることがわかります。この切り返しでの”間”が作れていることが、高いショット力と飛距離に結びついています。 この“間”を作るためには、グリップや上半身に余計な力が入っていないことが必要になります。切り返しで強くクラブを握ってしまとどうしてもカット軌道になってなってしまいますし、タメも早くほどけてしまいます。星野選手の場合、余計な力みがないことで、スムーズにインサイドから下ろすことができています。

【関連記事】