Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「皆、警察が嫌いだ!」仏でも警察官への怒りが再燃 増加する暴行と失われる信頼

配信

FNNプライムオンライン

「皆、警察が嫌いだ」

世界最大のフランスの化粧品グループ「ロレアル」は、6月末、商品名から「美白」「白」「ブライトニング」などの言葉を消すことを決めた。世界的な「反人種差別運動」を意識してのことだ。「差別の波から抜け出すための良い案だ」と評価する人がいる一方、「やり過ぎだ」との声も上がっている。ランコムやイブ・サンローランなどを傘下に持つ世界的な化粧品グループのこうした決定には、衝撃が走った。 【画像】パリ・エッフェル塔の前で抗議するデモ参加者 世界各地で起きている反差別運動の影響は、様々な分野に広がり始めている。 « Tout le monde déteste la police ! » 「皆、警察が嫌いだ ! 」 最近のデモ行進でよく聞かれる言葉である。5月下旬にアメリカのミネソタ州で黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警官から首を押さえつけられて死亡した事件から抗議活動が世界中に広がり、その余波はフランスにも及んでいる。差別や警察官の暴行にうんざりした何万人ものフランス人が、警察批判の声を上げている。

警察への信頼は?

フランスでは警察官はどう見られているのか。 フランスの雑誌レクスプレス(L’Express)が1月29日に公表した世論調査機関Ifopの調査では、2020年1月時点で「警察を信用している」と答えたフランス人は、43%に留まった。また、警察に対して「不安」を感じる人が20%、「敵意を抱いている」と答えた人は10%に及んだ。2019年8月の調査では警察への信頼度は50%に達していたのと比較してみれば、フランス人の警察に対する見方が大きく変化したことがわかる。

フランスでの警察による暴行事件

フランスでも警察による暴行問題は、以前から存在する。拷問の廃止を訴えるキリスト教徒団体が2016年に公表した報告書では、外国人やミノリテ・ヴィジブルと呼ばれる少数民族、移民が集中する地区の若者、そしてデモ参加者などが、暴行の被害者となっていた。 警察官の暴行事例が再び注目を浴びるようになったのは、2018年10月から2019年前半にかけて、フランス全土を激しく揺さぶった黄色いベスト運動と学生運動、そして2019年後半から始まった年金制度改革に対する反対運動がきっかけだ。警察官が乱暴な態度でデモを取り締まる様子がテレビでしばしば見られるようになった。 実際にデータを見てみる。フランスの警察に対する監察機関 (IGPN)の2019年版報告書では、警察官の行為に対する通報が2018年に比べ26.2%増えた。黄色いベスト運動が影響していると見ていい。また、1460件の捜査のうち868件が警察官の暴行に対する捜査で、これも2018年に比べて41%増加した。警察官の暴行が大きな社会問題となり、警察官による拘束や取り締まりのあり方が問われている。その結果、国民は徐々に警察官を不信の目で見るようになったと言えるだろう。

【関連記事】