Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

絶滅危惧種ウミガラス人工育雛成功 アクアマリンふくしま初

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
福島民報

 いわき市小名浜のアクアマリンふくしまはウミガラスの人工育雛(いくすう)に成功した。同館では初めて。  アクアマリンふくしまは二〇〇七(平成十九)年からウミガラスの飼育展示をしている。二〇一二年に初めての産卵を確認したが、親が抱卵を放棄するなどしたため育成することができなかった。そのため、昨年から人工ふ化に取り組んできたところ、今年七月十一日に体重六七グラムの子どもを卵からふ化させた。今月二十四日から同館三階「北の海の海獣・海鳥」コーナーで誕生した子どもを公開している。  ウミガラスは太平洋北部と大西洋北部に生息する海鳥で、鳴き声が「オロロローン」と聞こえることから「オロロン鳥」とも呼ばれている。絶滅危惧種に分類されており、国内で展示しているのは同館と東京都の葛西臨海水族園の二施設のみとなっている。

【関連記事】