Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ムロツヨシ&小野花梨、『親バカ青春白書』クランクアップ 「人生の中で宝物のような時間」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 9月13日に最終回を迎えるドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)。主演のムロツヨシと、小野花梨がクランクアップを迎えた。 【写真】花束を受け取るムロ  本作は、福田雄一が脚本統括・演出を担当する『今日から俺は!!』(日本テレビ系)チームの最新作。主演のムロが演じるのは、娘が大好きすぎて、娘と同じ大学に入学してしまった小説家で親バカなシングルファザー、小比賀太郎(ガタロー)。ムロツヨシの大事な娘さくら役を永野芽郁、さくらの恋人候補を中川大志、さくらの親友役を今田美桜が演じる。そのほか、さくらの同級生役で戸塚純貴と小野花梨、ガタローの最愛の妻でさくらの母親役を新垣結衣が演じている。  ムロは、「皆さん、本当にお疲れ様でした。GP帯では初めての座長を務めさせて頂きました。最高に幸せでした。なんと第6話では監督までさせて頂いて。本当にスタッフさんありがとうございました。スタッフさんは、皆さんの家族含めてコロナの対策をしながら、この撮影に参加して頂いていたと聞いております。本当にありがとうございました。どんなことがあっても、なにがあっても、どんなことになっても、また皆さんと一緒にドラマを作ってみせようと思います。ムロツヨシ、これからも頑張ります。そして福田雄一をこれからもよろしくお願いします」とコメント。クランクアップにはすでに収録を終えていた永野も駆けつけた。  同じくクランクアップを迎えた小野も「ありがとうございました。誰もが憧れる念願の福田組です。やってやるぞ!という意気込みで来たはいいものの、いざやってみてと言われたらどうしたらいいかわからず、色々なことを考えました。本当に人生の中で宝物のような時間を過ごさせてもらいました。本当にありがとうございました」と感謝を述べた。

リアルサウンド編集部

【関連記事】