Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

WHO、日韓に争い戒め 相互入国制限、有益でない

配信

共同通信

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は6日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、日韓両国が相互に入国制限を打ち出したことについて「有益ではない」として「渡航制限を巡る政治的な争い」を戒めた上で、感染拡大防止に集中すべきだと訴えた。  日韓両国共に「新型コロナウイルス対策を大規模に行っており、人命を救うために素晴らしい対応をしてきた」と評価。入国制限に過度に重点を置くことは、ウイルス封じ込めに向けた努力を阻害するものだとして、自制を促した。  ライアン氏は、渡航制限措置は「できるだけ短期間にとどめるべきだ」と指摘した。

【関連記事】