Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石橋蓮司主演『一度も撃ってません』7.3公開 劇中シーン使用のマナー映像公開

配信

クランクイン!

 新型コロナウイルスの影響で公開延期となっていた俳優・石橋蓮司主演の映画『一度も撃ってません』の新たな公開日が7月3日に決定。併せて、劇中シーンを使ったコロナ対策のマナー映像が解禁された。 【写真】『一度も撃ってません』フォトギャラリー  本作は、昼間は売れない小説家、夜は伝説の殺し屋という2つの顔を持つ男を描くハードボイルドコメディー。石橋が主人公の市川進役で18年ぶりに映画主演を務めるほか、妻・弥生役で大楠道代、市川の学生時代からの旧友で殺しを依頼する石田和行役で岸部一徳、元ミュージカル主演女優の玉淀ひかる役で桃井かおりが共演。さらに、佐藤浩市、豊川悦司、江口洋介、妻夫木聡、井上真央など、現在の日本映画界を支える主演級キャストが勢ぞろいしている。監督は阪本順治。脚本は、ドラマ『探偵物語』シリーズや映画『野獣死すべし』などの丸山昇一が担当する。  阪本監督は「やっとの公開です。撮影はおととしです。いきすぎたグローバリズムの時代に、昭和のたたずまいをよしとして撮りあげた作品です。この状況下での上映となり、まったく意図せぬ感想がうまれそうです。懐かしさより、いつかこんなありさまが、ふざけたような遊び心が、あらためて懇求されるような、新しい日常のその次の日常がこんな風景となってくれればいいなあと、おこがましくも思ってしまいます」とコメントしている。  併せて公開されたマナー映像は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、安心してエンターテインメントを楽しんでほしいとの思いから、本作の本編映像から劇中シーンを切り抜き、「検温をして日々の体調をチェックしましょう」「人混みにいくときはマスクやハンカチなどで咳エチケットを守りましょう」「こまめに石鹸で手を洗いましょう」「ソーシャルディスタンス」などとウイルス感染防止を呼びかける内容となっている。  映画『一度も撃ってません』は7月3日より全国公開。

【関連記事】